植物生活編集部 植物生活編集部 51ヶ月前

愛される花束デザイン集[03]華やかさに淡いグリーンを加えて上品に

加藤花飾堂

「『白髪のショートカットのお洒落なおばあちゃんへのギフト』
というイメージで制作しました」
と話すのは、川崎市宮前区の花店、「加藤花飾堂」の
オーナーフローリスト、加藤智之さん。
華やかな色合いのアネモネを足元に固めて、
その上部にシンビジウムをあしらいました。
シンビジウムは「JAたのふじ 上州の蘭2011」の中山一真さんのもの。
濃淡の違う3種類を合わせることで立体感が出て、
その微妙なグリーンの色合いが全体を上品にまとめています。
白と茶、2色の柄物ラッピングペーパーの重ね使いも個性的。
 

Flower & Green

○アネモネ“モナリザ”
○シンビジウム

ちょっぴり大人びた女の子にシックカラフルな春の花


丸いフォルムをした花で作り上げたラウンドブーケは、
ぽってりと愛らしい印象です。
制作イメージとしては、小学校の女の子のバレエの発表会で
お父さんが初めて娘に贈る花束。
花材の色味をパステルカラーでまとめ、
アクセントに複色のカーネーションを入れることで、
かわいくなり過ぎない上品さが感じられるように仕上げました。
少し大人びた女の子にぴったりのロマンチックな色合わせです。

Flower & Green

○バラ“イルゼ”
○バラ“ベビーロマンチカ”
○ブルースター
○ブバリア
○カーネーション
○ラナンキュラス
○ガーベラ
○ゼラニウム

 
教えてくれたフローリスト
加藤智之 Tomoyuki Kato
本場オランダのダッチスタイルを学び都内、神奈川県内のフラワーショップデザイナーを経て2009年に独立。現在は「加藤花飾堂」を主宰し、フラワーギフト、会場装花、ウェディング、観葉植物・花壇植栽ほか、多方面で活躍するデザイナーとの共同制作にも携わる。09年GRAND PACIFIC CUPFLOWER-MODE AWARD審査員特別賞、同年フジテレビカップ長野美郷賞 来場者投票1位など。
 
お店:加藤花飾堂 [かとうはなしょくどう]
神奈川県川崎市宮前区宮前平3-10-13-101
http://www.kf-kato-hanashokudo.com/
 
text&photo 月刊フローリスト 撮影/三浦希衣子
 

  • すてき 0
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

この記事のライター

植物生活編集部
植物生活編集部

「植物生活」とは花や植物を中心とした情報をお届けするメディアです。 「NOTHING BUT FLOWERS」をコンセプトに専門的な花や植物の育てかた、飾り方、フラワーアート情報、園芸情報、アレンジメント、おすすめ花屋さん情報などを発信します。

直近の記事

関連記事