植物生活編集部 植物生活編集部 2017/06/17

バラ好きに贈る バラを見て、知って、飾って楽しむ

バラを見る!

数ある花の中でも、特別感のある「バラ」。
バラが好き! 大好き! という人のために、バラをとことん楽しむための情報を集めてご紹介します。
まず、バラを見に行くなら、こちら。

世界が認めるバラの庭園[千葉県八千代市]


まずオススメは、千葉県八千代市にある京成バラ園。1,600品種のバラを見ることができます。
こちらのバラ園を訪れた見学レポートはこちら→ https://shokubutsuseikatsu.jp/p/459.html

横浜にあるバラの海[神奈川県横浜市]


ロザリアンを魅了するのは、神奈川県横浜市にある「横浜イングリッシュガーデン」。
1700品種のバラを見ることができます。
こちらを訪れた見学レポートはこちら→ https://shokubutsuseikatsu.jp/p/447.html

期間限定のローズガーデン[東京都中央区]


毎年5月、東京・銀座にお目見えする期間限定「銀座の空中庭園 ローズガーデン」。
2017年には10周年を迎えました。
今年見逃してしまった方も、来年は忘れずチェックしてみて。
見学レポートはこちら→ https://shokubutsuseikatsu.jp/p/425.html

バラを飾る!

華やかに、あるいは清楚に。
バラの飾り方はこちら。

それぞれのスタイルで魅せるバラ


プロが提案するバラの飾り方はこちら→ https://shokubutsuseikatsu.jp/p/343.html

プロが提案するバラの飾り方はこちら→ https://shokubutsuseikatsu.jp/p/345.html

スクヒ・ヤンさんが提案するバラの飾り方はこちら→ https://shokubutsuseikatsu.jp/p/344.html

バラについて知る!

専門的な話。バラ育種家について知る


バラに携わる人には、様々な職業があります。
バラを種から育てている人もいるのですが、
日本で生まれたバラがあることをご存知ですか?
数多くの品種が流通している日本の花の現場。
常にマーケットから求められる新しい品種。
 
そこに情熱をかける育種家や生産者が日本には数多くいます。
新品種誕生への熱い思いと挑戦、
そしてオリジナル品種ならではの個性的なネーミングコンセプトなど、
知るほどにバラへの愛情が高まるエピソードがあります。

育種家 バラとともに
浅見均(兵庫県加東市)ー赤バラへの挑戦と奇跡ーの記事はこちら→ https://shokubutsuseikatsu.jp/p/91.html
みなさまも、バラをもっと好きになってみませんか?
text 植物生活編集部

  • 0
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

この記事のライター

植物生活編集部
植物生活編集部

「植物生活」とは花や植物を中心とした情報をお届けするメディアです。 「NOTHING BUT FLOWERS」をコンセプトに専門的な花や植物の育てかた、飾り方、フラワーアート情報、園芸情報、アレンジメント、おすすめ花屋さん情報などを発信します。

直近の記事

関連記事