植物生活編集部 植物生活編集部 51ヶ月前

都会の小さな隠れ家にて春風を感じるデザイン[VEIN/東京・千駄ヶ谷]

風にそよぐようなナチュラルブーケ

使っている花:クリスマスローズ、ニゲラ、パンジー、ベロニカ、マメの花、柳葉ミモザ、ラナンキュラス2種、ラムズイヤー

東京・千駄ヶ谷にある花店「VEIN(ヴェイン)」の
オーナーフローリスト、山口香織さんに、
おすすめの花束を作っていただきました。
 
アシンメトリーでスタイリッシュなナチュラルブーケは、
コンパクトなサイズながら9種類もの花材で制作。
パステルトーンでまとめられた中に、
華やかなダークピンクのラナンキュラスとパンジーの
主張しすぎない配置が心憎い印象です。
シンプルにベージュの薄葉紙でラッピング。
 

春の黄色を楽しむ


ミモザやオンシジウムの優しい黄色が美しいブーケ。
黄色はお客様からもオーダーの多い色。
補色である青紫の花が入ることにより、大人な雰囲気になります。
ミモザの枝やトケイソウの蔓が動きと広がりを演出し、
躍動感たっぷり。
 

 
JR千駄ヶ谷駅から徒歩で10分ほどの場所にある、
白い壁にグリーンのドアが隠れ家のような印象の小さなショップ。
ここはヴェインと
ニューヨークブランドを取り扱うショールーム
「モットハウストーキョー」とのシェアショップ。
エントランスすぐの3坪弱がヴェインのスペースです。
オープンしたのは、2016年11月26日。
当初は花店だと認知されなかったそうですが、
店頭にフラワーショップと表示したボードを置いたところ、
徐々にお客様が増えました。
繁華街ではないけれど人通りの多い通りに面しており、
周辺にはアパレル会社や飲食店が立ち並ぶエリア。
近隣に勤務する人や地域住民、SNSでの来店も増えています。
オーダーは花束が多く、
草花やバンクシア、ピンクッションなど個性的な花が好まれています。
「特別な日だけでなく、気軽に来てもらえる花店でありたいですね」と
オーナーフローリストの山口さんは話します。
 
 













text&photo 月刊フローリスト 撮影/三浦希衣子 

うかがったお花屋さん
VEIN [ヴェイン]
東京都渋谷区千駄ヶ谷3-27-8
ホームページ:
http://www.themotthouse.tokyo/vein/
Instagram:
https://www.instagram.com/veintokyo/
 








  • すてき 0
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

この記事のライター

植物生活編集部
植物生活編集部

「植物生活」とは花や植物を中心とした情報をお届けするメディアです。 「NOTHING BUT FLOWERS」をコンセプトに専門的な花や植物の育てかた、飾り方、フラワーアート情報、園芸情報、アレンジメント、おすすめ花屋さん情報などを発信します。

直近の記事

関連記事