植物生活編集部 植物生活編集部 29ヶ月前

コツを押さえて今から準備 クールな大人可愛い正月飾り

クールでシックな大人の置き飾り

クリアガラスのキャンドルホルダーで作った置き型のお飾りは、水の中に植物を生けているように見えますが、ゆっくりと固まる透明のシリコーン樹脂にアーティフィシャルフラワーのクロマツとセンリョウを挿しています。
きらきらと光るゴールドのカラーサンドとの組み合わせは大人っぽく、モダンなインテリアに馴染みながら存在感を醸すポイントに。
アーティフィシャルフラワーならではの自由度を活かしたお飾りです。
 

How to Make

1.キャンドルホルダーにカラーサンドを下から1/3程度入れる。

2.シリコーン樹脂の取り扱い説明書の指示に従い、使い捨て容器に2つ液をそれぞれ入れよく混ぜる。混ぜたシリコーン樹脂を1のグラスの上1cm程度を空けて注ぐ。この作業は60分以内に行う。

3.液を注ぐとカラーサンドの粒が少し浮き上がってくるため、使い捨てできるマドラーなどで粒を底に落ち着かせる。

4.ミニ凧の後ろの骨組みに割り箸をフローラルテープで巻いたものをセロハンテープで貼りつけピックの脚にする。

5.金の水引は中央のテープで束ねている部分に#20ワイヤーの先端をしっかり巻きつけ、ワイヤーの残りをピックの脚にする。

6.3から3、4時間経ち、ゼリー状になったシリコーン樹脂に4と短くカットしたクロマツを入れ、カラーサンドにしっかり挿す。完全に固まる前なので、挿し直しもできる。

7.センリョウ、クロマツ、水引を6同様にカラーサンドにしっかりと挿し、最後に獅子舞ピックを入れる。そのまま平らで静かなところで、シリコーン樹脂が硬化するのを待ち完成。

Flower and Material

◎クロマツ◎センリョウ(以上アーティフィシャルフラワー)◎ミニ凧◎水引(金)◎カラーサンド(金)◎キャンドルホルダー(クリアなもの)◎獅子舞ピック◎アーティフィシャルフラワー用透明シリコーン樹脂(2液混合型)◎使い捨て容器(紙コップなど)◎マドラー(使い捨てタイプ)◎割り箸◎フローラルテープ(緑)◎セロハンテープ◎#20ワイヤー

制作/花千代 HANACHIYO FLOWER DESIGN STUDIO
HANACHIYO
FLOWER DESIGN STUDIO
http://www.hanachiyo.com

撮影/三浦希衣子
text&photo 月刊フローリスト

  • すてき 1
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

この記事のライター

植物生活編集部
植物生活編集部

「植物生活」とは花や植物を中心とした情報をお届けするメディアです。 「NOTHING BUT FLOWERS」をコンセプトに専門的な花や植物の育てかた、飾り方、フラワーアート情報、園芸情報、アレンジメント、おすすめ花屋さん情報などを発信します。

直近の記事

関連記事