植物生活編集部 植物生活編集部 2017/08/09

その後の食香バラ® [02]

あれっ!? 食香バラ® に異変!?

*上の画像は蕾のイメージです。 写真提供:横浜園芸研究所

「試したい! 本当のエディブルローズ」で紹介し、
「その後の食香バラ®[01]」
後日を追ってきた、我が家の「豊華(ほうか)」。
あるとき、株を見ていたら、
ちょっと変なことに気づきました。
それが ↓↓↓ この写真ね  ↓↓↓

4日後

新芽がどこから出ているかを観察する

ピヨン! と株元近くから出てきた新芽。
問題は、この新芽が「誰なのか」ということ。
「誰なのか」って、それはもちろん「豊華でしょ?」

…なんですが、バラの場合は、よーくチェックしなくてはいけません。

その理由は
多くの場合バラは、根の部分と株元より上が、別のバラだから!

観賞価値の高い、花が大きく美しい品種は根が弱いこともあるので、
丈夫なノイバラなどの野生種の根に、接ぎ木してあるからです。
「豊華」の場合も、ノイバラの根に接いであるそうです。
それで、もしこのピヨン! が、ノイバラの部分から出ていたとしたら、
この新芽はノイバラの枝になります。
逆にノイバラより上の、豊華 が接がれた部分から出ていれば、
この新芽は豊華の枝になります。
でも、あのつまようじの状態では、どちらかわかりませんね^^;

8日後


ここでよーく観察すれば、ピヨン! が出ている位置は、
ノイバラより上の、「豊華」 が接がれた部分だとわかります。

もし、豊華 が接がれた部分より下の、ノイバラの部分から出ていたら、
放置すると1株2種になってお得な感じがしちゃうのですが、
得てしてノイバラのほうが生育が旺盛なため、
接ぎ木した品種が弱って枯れてしまうことがあります。
よって、ノイバラのほうから出た芽であれば、見つけ次第、カットしておきます。

増し土をして根元をカバー



16日後




さてさて、わが家の「豊華」。
引き続き今後も、

追肥 病害虫防除

…に努めて夏越しさせたいと思います。

ではまた!


text & Photo ウチダトモコ    1番上の写真提供:横浜園芸研究所

  • 0
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

この記事のライター

植物生活編集部
植物生活編集部

「植物生活」とは花や植物を中心とした情報をお届けするメディアです。 「NOTHING BUT FLOWERS」をコンセプトに専門的な花や植物の育てかた、飾り方、フラワーアート情報、園芸情報、アレンジメント、おすすめ花屋さん情報などを発信します。

直近の記事

関連記事