植物生活編集部 植物生活編集部 2017/11/10

リボン使いのアイデア紹介! ループリボン


店内にディスプレーされた、ループリボンがあしらわれたドライのリースとスワッグ。左のリースには、色が抜けたアジサイの雰囲気に合わせて、コットン素材のグレーのナチュラルなリボンをセレクト。右のスワッグは、ミモザや赤い葉のユーカリなど濃い色に目がいきすぎないように、黄色と紺色のチェックのリボンを用いてバランスをとっています。
 

デザインの幅を広げるループリボン

埼玉県入間市の花店「Blumen Hütte(ブルーメン ヒュッテ)」
個人的にもリボンが好きで、
普段のギフトラッピングにもリボンは欠かせないそう。

「ラフィア1本で、というのもシンプルで素敵ですが、
手間をかけて華やかに仕上げると、やはりお客様に喜ばれますね」
とのこと。

好んで使用するリボンワークは、
輪の重なりが美しいループリボン。
店内にディスプレーされた商品にも、
ループリボンがあしらわれたものがたくさん並びます。

「‘これぞ花屋ギフト’という定番のイメージで、
敬遠される花屋さんもあるかもしれません(笑)。
でも実は、

ループリボンは、
使用するリボンの素材やデザイン次第で
さまざまな変化をつけることができる、応用力抜群のリボンワーク


ワイヤーリボンを使えば制作も楽ですし、
柄入りや、麻やコットン素材を選べば、
ドライフラワーリースなどのナチュラルテイストの商品にもデザインの一部として馴染みます。

高価なリボンでなくても、ループにすれば華やかさや特別感が出せる。

あらたまったギフト以外にも、‘使えるリボン’です」

「リボンは、贈る人と贈られる人を結ぶアイテム」とのこと。
心を尽くしたアイデアを今後も提案していきたいそうです。




ナチュラルリースの代表、ミモザのリースにもループリボン。英字入りの細いゴールドのリボンで。


リボンの端切れをドライフラワーとともに瓶に詰めた商品。余ったリボンの有効な活用法。蓋の部分には、花の色みに合わせたオーガンジーのループリボンでデコレーション。


[お店]
Blumen Hütte ブルーメン ヒュッテ
埼玉県入間市東町1-7-5 ジョンソンタウン6002
http://blumenhutte.com

撮影/鎌田拳太郎

photo&text 月刊フローリスト
 
  • 0
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

この記事のライター

植物生活編集部
植物生活編集部

「植物生活」とは花や植物を中心とした情報をお届けするメディアです。 「NOTHING BUT FLOWERS」をコンセプトに専門的な花や植物の育てかた、飾り方、フラワーアート情報、園芸情報、アレンジメント、おすすめ花屋さん情報などを発信します。

直近の記事