植物生活編集部 植物生活編集部 2017/11/10

キュートに魅せるブーケのラッピング2種類!

ラッピングペーパーの二枚使いで、大きな花束をふんわりと魅せる

小さくて可憐な花々をたっぷりと使い、ふんわりとまとめたキュートな花束はいつでも大人気!
でも、いざ花束を作ってお気に入りのラッピングペーパーで包むと、丸みが崩れてボリュームダウンしてしまいがち。

そんなときにオススメしたいのが、ラッピングペーパーを2枚使うテクニック。
同じペーパーを重ねても、違う種類・のペーパーを組み合わせても、見ごたえのある仕上がりに!

How to Make

Material:ラッピングペーパー(薄紫)、リボン(布を裂いたもの)


1. ラッピングペーパーを60cmほどの幅でカット。これを2枚用意する。

2. ラッピングペーパーの手前側約3分の1ほどを斜めにずらして折り、中央に花束を置く。

3. 2で折った部分を左から右へ重ね、持ち手の部分を包み込む。この時、花束の背面は紙で保護しながらも、先端が少しだけ飛び出すようにする。


4. 右側も同様に左方向へ折り、持ち手を隠すように包む。

5. 花束の結束部の近くで優しく力を込めて、くびれを作る。

6. 2枚目のラッピングペーパーも1枚目と同じ形に折り、その上に花束を置く。紙の頂点をわずかにずらすのがポイント。

7. 3・4と同様に包む。持ち手部分でくびれを作る。

8. 布地を裂いて作ったリボンで蝶結びをして留める。

9. 花束の背面に紙がしっかり当たっているかを確認しながら、ラッピングペーパーの重なり具合を整えれば、完成。
 

球根のぷっくりとした可愛らしさを見せて

花束の包装で頻繁に使われる透明フィルム。
あまりにもシンプルすぎて、おしゃれに使いこなすのは難しいと感じる人も多いのでは?
ここでは、球根のキュートな姿を見せながらラッピングするため、あえてこの透明フィルムを選択。
耐水性もあるので、そのまま置いて飾ることもできます。


How to Make

花材:ムスカリ、スカビオサ

Material:OPPフィルム(透明フィルム)、モール(赤)


1. OPPフィルムを30cm四方にカットする。

2. ムスカリとスカビオサを束ねたミニブーケを、OPPフィルムの中心に置き、ブーケの背面となる部分から支えていく。

3. ミニブーケの結束部分に向かって球根を包むように、正面からもOPPフィルムを寄せてくびれを作る。水の入る余裕をを残す。
4. 15cmほどのモールを用意して、くびれ部分でねじり留める。この時にブーケが自立するかどうかも確認する。


5. 両手でOPPフィルムを広げて、花が隠れないように形を整える。
6. 結束部から根が浸かるほどの量の水を入れたら、完成。
 


撮影/佐々木智幸 制作:新井りえ


新井りえ  Rie Arai

アトリエ型の花店「ラキュウ」のディレクター兼、フローリスト。大学在学中にフラワースクールに通い、大学中退して渡英。Barbara Shakespeareのもとでヨーロピアンフラワーデザインを学びディプロマを取得。帰国後は結婚式場や店舗で花の仕事に8年間勤務し、ブライダルでは、デザイン企画から制作まで担当した。2011年、恵比寿にラキュウを立ち上げる。2014年、恵比寿から目黒のアトリエに移転。ウェディングや、ディスプレー、店舗の生け込みなどを中心に活動している。

RaQue [ ラキュウ ]

東京都目黒区下目黒3-1-22 谷本ビル2A
TEL:03-6420-0088

ホームぺージ:http://ra-que.com/


 
  • すてき 0
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

この記事のライター

植物生活編集部
植物生活編集部

「植物生活」とは花や植物を中心とした情報をお届けするメディアです。 「NOTHING BUT FLOWERS」をコンセプトに専門的な花や植物の育てかた、飾り方、フラワーアート情報、園芸情報、アレンジメント、おすすめ花屋さん情報などを発信します。

直近の記事

関連記事