植物生活編集部 植物生活編集部 38ヶ月前

ビザール世界の極み、開催中! 世界らん展 [東京]

お花大好き♥ にとっての「早春ドームイベント」
2回あるんですよ、ご存じですか?

そう。ひとつはこの前ポストした「テーブルウェア・フェスティバル」
続いての開催が、これ、「世界らん展」です。

では早速、行ってみましょう♪

 

日本大賞で知る、地味ランの奥深さ

日本大賞
斉藤正博さん(茨城県つくば市)
グラマトフィラム・マルタエ‘マッシィス’

写真提供/世界らん展事務局


世界らん展日本大賞2018審査委員長
ジョージ・ハットフィールド氏の講評によると、
グラマトフィラムというランはフィリピン原産で、
世界でももっとも草丈が高くなる種類のひとつだそうです。
ブラウンとグリーン系の個性的な花容は、
ほかに類を見ないタイプ。

ちょっとアップの写真がコレ↓↓↓
花の感じ、伝わりますでしょうか。

一見、ランならではの華やかさに欠けると思いきや、
同氏は
「この属で、これほどの花数、花茎の株を見たのは初めて」とのこと。

ラン審査のプロ中のプロが賞賛した栽培技術の素晴らしさは、
圧倒的な存在感となって、場の空気を魅了します。
地味ランの魅力が、広まるといいな♪

 

大賞受賞者は、メガ盛り名人だった!

で、この斉藤正博さんは、
ほかの株でも優良賞を受賞されているのですが、
そちらもでっかい大株仕立て。
名前は、カトレア・ルデマニアナ、アルバ‘マンテリーニ’


写真は横から見たところですが、
「どうなってるの〜?」とばかり、
展示の底部をのぞき込む人が後を絶えませんでした。

栽培する植物は、ある程度の大きさ以上になると、
移動が困難になるだけではなく、
蒸れて傷んだり、均等な管理ができなくなったりするため、
株分けしたり茎を間引いたりして、
管理しやすい大きさに整える必要があります。

そのうえで大株づくりは、
ただ株を大きくしているわけではなく、
高度な栽培技術の元に成り立っているというわけです。

ひょっとしたらこれから、
栽培テクニックの腕を競い合う意味で、
メガ盛り株が流行るかもしれませんよ!
…なーんて、同行者の園芸マニアとキャッキャしていたのでした。


 

展示は華麗さと面白さの渦


それでは、展示からピックアップしてみましょう。


志保美悦子さんの大作展示「息吹き」。仕掛けもまたすごい。


黄色い胡蝶蘭、大輪が登場! 珍しいのでよくよく見て!


△ 最近人気の黒花、フレッドクラーケアラ・アフター・ダーク'SVO ブラック パール’
夏は観葉植物みたいに大きな葉が茂り、その葉が落ちる冬に、こんなすてきな花を咲かせるのだそう。



クロウェシア・レベッカ・ノーザン‘ミッカビ’
以前はカタセタム属だったもの。ほんのり甘いピンク色の花と、多肉っぽいバルブのアンバランスが魅力的。ちょっと暑がりなので、栽培は難しいそうです。



観葉グリーンとのミックス展示は、汎用品種がたっぷり。
こんなお部屋に住んでみたい。ちょっと真似してみようかな。



それから、ちょっとヘンなやつ! をご紹介。
エェっ、本当にランなの!?

バルボフィラム・プルプレオラキス

通称はコブラオーキッド。
うーん、通称の通りのいでたちです。

植物らしからぬ、色と質感。
ヨレながら立ち上がるのが、扁平な花茎ですって。
まさにビザール!


△ 花はどこ? と思いきや、花茎をよじ登るような、このひと粒ひと粒ずつが花です。



さてさて。それでも
「ランかー。ちょっと敷居高そうだしなぁ〜」
という方もいらっしゃるかもしれません。

でもね、そこはさすがの「世界らん展」。
多様な植物だからこその、
多様な展示、多様なイベント、多様な提案、
さまざまな趣味趣向の人たちが楽しめるよう、
あれもこれもでお迎えしてくれます。

ここだけの話ですが、
ランだけではなく、多肉も食虫も揃う
販売ブースの多様っぷりもドッキリしちゃいますよ。
ぜひ足を運んで、
あなたのお気に入りを、探してみてください
(コブラオーキッドも探してみてね!)。

 

=== イベント情報 ===

世界らん展 日本大賞2018 
日時 2018年2/17(土)〜23(金) 9:30 〜 17:30(入場は閉場の30分前まで)
    19(月)21(水)は21時まで延長、入場は閉場の30分前まで。
会場 東京ドーム 東京都文京区後楽1-3-61 [地図]
入場料 2,200円(当日券)
http://www.jgpweb.com



text & photo ウチダトモコ
 
  • すてき 0
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

この記事のライター

植物生活編集部
植物生活編集部

「植物生活」とは花や植物を中心とした情報をお届けするメディアです。 「NOTHING BUT FLOWERS」をコンセプトに専門的な花や植物の育てかた、飾り方、フラワーアート情報、園芸情報、アレンジメント、おすすめ花屋さん情報などを発信します。

直近の記事

関連記事