植物生活編集部 植物生活編集部 43ヶ月前

花店インタビュー|身近な自然を知り、インテリアとして楽しむ植物標本|errer


種子や球根等繊細なものをおもに使った標本瓶の「bottle」。Sサイズ:W6.5×H15cm 
 

部屋の雰囲気を変えるアイテム作り

「errer(エレー)」は香川県高松市に店を構えるアンティークショップ。
「植物と、アンティーク」というショルダーネームが入るように植物にまつわるアイテムも取り扱います。
 

コンセプトは「自分の身近な自然を知りインテリアとして楽しむ」です。

オーナーの河原さんはかつてインテリア関係の仕事に携わっていました。
その際にお客様が皆似たものを買い、「飾って終わり」のような味気ない感じを受け、自分の内面が出ているインテリアを作り上げたいと考え、今に至っています。
使う素材のほとんどは河原さんが山を歩き採集したものや育てたもの。
色彩は落ち着き、ノスタルジックな印象で、花屋が制作するそれとはまた違った角度からアプローチされています。
部屋を飾り、鑑賞し、そして、コレクションする楽しみも与えてくれる。そんなアイテム達です。
 

表現の自由さを求めて独立

独立のキッカケは、インテリアをもっと自由に楽しみたいと思い始めたことがキッカケです。
シンプルな想いでスタートしましたので、苦労や苦しみといったことは無かったというか、感じることはありませんでした。
自分の思うように、無心にやってきていると思います。
仕事外の時間も感性を磨く事に繋げるために、ファッションやアニメなど、異なるジャンルからもヒントを得ようと思っています。



さまざまな種類の植物標本。
「紙箱標本」はフックがつき、ランダムに壁に飾るとかわいいインテリアに。Sサイズ:約W4.5×D3.5×H9.5cm 



繊細で光が当たると美しいガラスドーム「dome」。W14×H27cm 



ギフトボックス付きのオイルのハーバリウム「oilherbarium」。W7×D7×H14cm 



さまざまな植物や羽根などを使用した多種の標本箱「#1_variety」。
壁掛け用フックで取り付け可能。Lサイズ:W32.5×D5.5×H42.5cm 

text /フローリスト photo/ errer


errer
香川県高松市国分寺町福家甲3078-4

ホームページ:http://errer2.mame2.net/
Instagram:https://www.instagram.com/errer_

 


こちらの記事もおすすめ

>> 雑貨感覚で花が買えるフラワーショップ [ 東京 ]
>> ビビッドカラーでインパクトのある花を買いに行こう [東京]
 >> たくさんの発見が詰まった懐かしいおもちゃ箱のようなお花屋さん [東京]

>> お花屋さんインタビュー|お店づくり・商品づくりのこだわりを聞いてきた

>> お花屋さんインタビュー|事業展開を聞いてきた

 

お花屋さん必見、顧客管理クラウド

  • すてき 0
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

この記事のライター

植物生活編集部
植物生活編集部

「植物生活」とは花や植物を中心とした情報をお届けするメディアです。 「NOTHING BUT FLOWERS」をコンセプトに専門的な花や植物の育てかた、飾り方、フラワーアート情報、園芸情報、アレンジメント、おすすめ花屋さん情報などを発信します。

直近の記事

関連記事