いしだわかこ いしだわかこ 2018/03/06

春の装いにぴったり◎スワッグピアスを作るワークショップ体験 [横浜]

春の装いにぴったり◎スワッグピアスを作るワークショップ体験


もうすぐ春! 植物を形どったアクセサリーなど身につけて外を歩きたくなる季節です。
 

植物のアクセサリーというとコサージュや彫金などいろいろと思いつきますが、 もう少しさりげないイメージのものがいいな・・・でも、自分らしいオリジナリティもほしいな・・・と思っていたところ、 ワイヤーをねじって木の実風にデザインされたスワッグピアスのワークショップを発見!

これなら普段使いにぴったりで、しかも1時間半〜2時間ほどで仕上がってしまうと聞いて ワクワクと体験しに行ってきました。

 

 ワイヤーとビーズで、「身につけるスワッグ」を作る


お伺いしたのは、横浜・藤が丘にある小さなギャラリー&ショップ 「M.O.N.O. SHOP&GALLERY(モノショップアンドギャラリー)」さん。

イラストレーターのオザワミカさんがオーナーを務めるお店で オガワさんの感性で集められた生活雑貨が、センスよく並べられています。

教えてくれるのは、このギャラリーで個展を開催中の ワイヤークロッシェ作家/講師・きむらななえさん。 ワイヤークロッシェとは、柔らかく加工された金属の糸を かぎ針で編んで作るアクセサリー。

きむらさんが作る、色をあまり使わないシンプルなデザインのアクセサリーは 年齢やスタイルを問わずどんな服装にも合わせやすいと人気を集めています。


通常、ワイヤークロッシェはかぎ針を使って編んでいくのですが 今回のワークショップ「スワッグピアス」は ワイヤーをねじって仕上げるので、かぎ針は使いません。

それなら、編み物経験は皆無のわたしでも大丈夫ですね。やったぁ!
「この”ねじる”テクニックは、”ツイスト”といって ワイヤークロッシェの中でも基本的な技法です。

木の実みたいでかわいいでしょう? 1時間半〜2時間ほどで仕上がりますので、誰でもすぐに楽しんでもらえると思います」 とのこと。


本当に、木の実のスワッグのようでとてもかわいい!

これが自分で作れるなんて、ワクワクです。

 

ねじってつくるスワッグピアス作り、スタート!

参加者が集まったら、さっそく、スワッグピアス作りスタート。
材料はきむらさんが揃えてくれています。

まずは木の実の部分のビーズ選びから。

赤・ゴールド・黒の3色の中から、作りたい色を選びます。 色が違うとイメージがまったく違いますから、

「顔がはっきりするのは黒かも・・・」
「でも、ゴールドがおしゃれだよ〜!」

と、みなさん真剣に悩んでいます。


基本的には「ワイヤーにビーズを入れる」「ねじる」の 2つのテクニックを使って作っていきます。 きむらさんのレクチャーを受けながら、 木の枝のように形を作りつつ、ねじねじ・・・。


ビースを入れて・・・ねじねじ。


ビーズを入れて・・・ねじねじ。

黒いビーズは穴がわかりづらいので少したいへん。 ビーズを入れて、ねじねじ・・・。

夢中になって繰り返していくと、だんだん木のような形になってきました!


お友だちとビーズの交換をしている人もいます。
色ちがいの木の実がかわいいスワッグになっていますね。

できました! こちらが、わたしの作ったスワッグピアス。

きむらさんの見本よりも、少し野生的なスワッグになりました。



きむらさんがススっと作っていくデモンストレーションを見ると 簡単にきれいにできそうなのですが、 やはり最初は少しまごついてしまいました。

ねじる指の力の入れ方にコツがあります。

しかし、丁寧に教えてもらってコツをつかんだらあっという間!

みなさん時間内に素敵なピアスができました。  


赤いビーズを20個入れてボリュームたっぷり。

ぱっと顔が明るく見えそうです。


こちらはシックな黒いビーズを10個で作成。

根元が長く、揺れる感じがエレガント。  

こちらも黒いビーズですが、形がくっきりしていて個性的!
ピアス穴の空いていない人は、イヤリングのパーツをつけることもできますよ。


こちらはゴールドのビーズ。

いちばんさりげないイメージで どんな服にも合いそうです。


赤とゴールドの組み合わせがおしゃれです。
10個ビーズのピアス+20個ビーズのピアスを片耳につけると すごく存在感が出て、シンプルな装いによく似合っていました。



こちらはきむらさんが作ってきてくれた見本の色ちがい。

すりガラスや透明なビーズで作ると、一気に夏らしくなりますね。

同じ材料を使って、同じプロセスで作っているのに ビーズの数やワイヤーの長さでぜんぜんイメージの違う それぞれの個性が出るピアスになります。

他のビーズでもっと作りたい!!

最初は 「わたしにできるかしら・・・」と不安だった人も、 みるみるうちに形になっていくので、 どんどんテンションが上がります。

「これ、かわいい!」「そっちの形もかわいい!」 と、大盛り上がりのうちにワークショップは終了しました。
 

作っている時間も、身につけても楽しいアクセサリーを

仕上がったピアスは、 ギャラリーに飾ってあったペッパーベリーそっくり。

自然の形を装いの中に取り入れるコーディネートを考えながら 作業をしていくととても楽しいです。

普段のワイヤークロッシェも シンプルに、使いやすいように考えているというきむらさん。


「ゴージャスな作品はもちろん素敵で、仕上がったときの達成感がありますが、 そういうものは意外に使わないでクローゼットの奥底に 入れたまま忘れてしまいがちなんです。 でも、せっかく作るのだからそれではもったいないですよね。

作っている時間も楽しくて、さらに普段使いがしやすいデザインを・・・と いつも考えています。
かぎ針を使うワイヤークロッシェも、 編み物未経験の方でもすぐにコツがつかめて応用がきく技法をお教えします。 ご興味のある方は気軽に試してみてくださいね」 (きむらななえさん)



今回の「M.O.N.O. SHOP&GALLERY」きむらななえ展は、3/10(土)まで。

ワイヤークロッシェで作られたアクセサリーやミニバックのオブジェなど、 かわいくて目移りする作品が所狭しと並んでいます。

スワッグピアスのワークショップは終わってしまいましたが、 きむらさん在廊の日は、かぎ針で編むクロッシェボールのブローチピンが 予約不要で体験できます。 さりげなくて、でも個性がある。 そんな自分オリジナルのアクセサリーを探している人は ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。 きっと、あなただけのコーディネートを思いつきますよ。

※次回スワッグピアスのワークショップは、 4月8日(日)10:30〜 西武渋谷サンイデー教室にて開催予定。

詳細は下記サニーサイドのWEBサイトお問い合わせ連絡先まで。

(取材日:2018年3月4日 文章:いしだわかこ)

ーーーーーーーーーーー



きむらななえ(サニーサイド/シルシェット主宰)

ワイヤークロッシェ作家・講師。表参道のアトリエ他、各カルチャーセンターなどでワイヤークロッシェの作品作りを行っている。広告用作品、モデル撮影用アクセサリー、ブライダルなど、多方面で活躍中。著書に「ワイヤークロッシェのアクセサリー (文化出版局)」がある。

公式URL サニーサイド http://www.snnysd.com 


M.O.N.O. SHOP&GALLERY(モノショップアンドギャラリー)

イラストレーター・オザワミカさんがオーナーを務めるギャラリー&ショップ。個展作家の関連作品のほか、暮らしを心地よくする作家もののアート&クラフト、雑貨などが集まっている。

【次回の展示は 後北由香 「Purr」3/16(水)〜3/26(土)】

新宿伊勢丹などのイベント等で作品を販売している兵庫県のレザークリエイターさんの個展。
ナチュラルで上質な革のバッグが並びます。
営業時間:12時~18時 定休日:不定休 ※展示に準じた休業になるため、SNSでご確認ください。

住所:神奈川県横浜市青葉区藤が丘1-27-4-101
交通:東急田園都市線「藤が丘」駅徒歩7分
電話:090-6114-5692
https://www.facebook.com/m.o.n.o.shop.gallery/
  • すてき 0
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

この記事のライター

いしだわかこ
いしだわかこ

ぬいぐるみデザイナー、少女マンガ家、雑誌編集などを経てフリーランスへ。 編集・ライター、たまにイラストやマンガ、キャラクター制作、パンフレットなどの制作ディレクション、Webサイトのプロデュースなどのお仕事をしています。横浜・鎌倉を拠点にのんびり活動中。 好きなものはミステリーと少女漫画と手工芸。趣味は刺繍。担当書籍「最強のアンチエイジングは腸活だった!/辨野 義己(impress quickbooks)」ほか発売中。

直近の記事

関連記事