植物生活編集部 植物生活編集部 2018/03/07

食空間プロデューサーの山本侑貴子さんによるデモンストレーション&ワークショップをレポート!


2月19日に行われた山本侑貴子さんのデモンストレーション&ワークショップをレポート!


2月19日(月)に東京・南青山のスミザーズオアシスジャパン株式会社 Press Room「SOLACS(ソラックス)」で開催された、食空間プロデューサーの山本侑貴子さんによるデモンストレーション&ワークショップをレポートします。


南青山の隠れ家的な雰囲気のショールーム「SOLACS」。

ここではサロン形式で様々なイベントを行っています。

今回は、書籍『おもてなしテーブルコーディネート』の著者である山本侑貴子さんを講師に迎え、少人数でアットホームな雰囲気の中、テーブルコーディネートに大活躍するナプキンリングとセンターピースを作る「デモンストレーション&ワークショップイベント」を開催しました。


イベント内容は?

1.ナプキンリング制作

2.センターピースとして生花のアレンジメント制作

3. 1、2を使ったテーブルコーディネートデモンストレーション

ティータイム・トーク

4. 制作物のラッピング


以上の盛りだくさんな内容でも、山本さんは一人ひとりに丁寧な指導で、参加した人からも好評!!






まずは、春を感じさせるナプキンリングの制作。 家でも使えるように、1人4つずつ。


スミザーズオアシス社から発売されているワイヤーを枝に見立て、そこへアーティフィシャルフラワーで飾ります。

とてもナチュラルにワイヤーを活用するアイデアは、日頃からハンドメイドをしている山本さんならでは。

「テーブルコーディネートをする際、ほしいと思ったものがない時は、よくリボンやペーパーを活用して手作りをしています」とのこと。

近年注目をされているイースターの装飾にも使えそう!

 Flower&Green


パンジー、デイジー、アイビー






続いて制作したのは「春色のセンターピース」
オアシスに生花をバランスよく挿し、最後に苔と白樺のラップで仕上げます。


「大きい花や目立つ色の花から先に挿していき、次に葉、最後に小さな花を埋めていきます。

中心が少し高くなるよう、ラウンド型にすると良いですね。センターピースのアレンジメントは、四方から見ても綺麗に見えるか、回しながら確認するのが大切。

6~8人が座るテーブルでは、センターピースを低めにすれば会話の邪魔にならずちょうど良いですね。」

と山本さんからテクニカルなアドバイス。
 

Flower&Green


ラナンキュラス、スイートピー、アイビー




山本さんによるテーブルコーディネートのデモンストレーション。

最近のコーティネートはナチュラル系が人気。

今回は自然素材を活かしたカジュアルなコーディネートを提案。

テーブルクロスにラッピングペーパーを使用しているところもポイントです。

ティータイムになると、皆さん緊張がほぐれた様子。

山本さんがチョイスしたお菓子を頂きながら、ざっくばらんに話をされて盛り上がりました。

花の活け方やインテリアについて、花の仕入、コーディネートに困った時の対処法、テーブルコーディネートの楽しみなど、山本さんならではのレッスンになりました。




text&photo:植物生活編集部
  • すてき 1
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

この記事のライター

植物生活編集部
植物生活編集部

「植物生活」とは花や植物を中心とした情報をお届けするメディアです。 「NOTHING BUT FLOWERS」をコンセプトに専門的な花や植物の育てかた、飾り方、フラワーアート情報、園芸情報、アレンジメント、おすすめ花屋さん情報などを発信します。

直近の記事