Yu Yu 19ヶ月前

植物と暮らす おうち時間 第1回  klala / 滝沢緑さん


いい空気が流れる住まいには、植物が上手に取り入れられている気がします。


そして大切に育てられている植物を見ていると、どことなくその人に似ている部分があるような。

どういった暮らしや想いの中でその植物と出合い、一緒に時間を過ごしているのでしょう。
そんな気持ちから、植物との暮らしについてお話を伺う連載をはじめます。
 

「植物と暮らす おうち時間」


第1回にご登場いただくのは、日用品のセレクトショップ「klala」を営む、滝沢緑さん。

滝沢さんは、ご主人と最近飼い始めた猫のao(アオ)さんと暮らしています。

滝沢さんのInstagram(@m.klala)ではお店で扱う道具はもちろんのこと、可憐なお花がたびたび登場するのがとても印象的でした。


「唯一の趣味がお花」と語る滝沢さんにお花の選び方や想いについて伺いました。


選び抜かれたインテリアに囲まれて猫と花と過ごす日々


 ーお花好きになったきっかけを教えてください。

「子どもの頃、母がお花屋さんに勤めていたので、幼い頃からいつもお花やグリーンが身の回りにありました。私にとっては植物が側にあることが自然で、無いとどこか気持ちが落ち着かない感覚です。
植物は癒しであり、なくてはならない存在ですね。」



ーインテリアショップで働いていたこともある滝沢さん
世界中から選ばれたものと過ごす住まいに植物が生き生きと活けられている様子を感じます。
インテリアと植物の合わせ方で気をつけていることはありますか。 




「我が家のインテリアはシンプルなものが多いので、どのような植物でもよく映えるなと感じています。枝ものはラフな印象になるよう床に置いて楽しむことも多いですよ。」


ーどのような植物が好きですか。



「枝ものも好きですし、存在の美しさに惹かれて切り花を求めることも多いです。種類はあまり決めていませんが、バラ・アジサイ・ヒヤシンス・ラナンキュラスなどが好きです。」



 ーお花を飾る上で工夫していることはありますか。


「お花を買ってきてすぐの背が高いうちはここ、水切りをしてだんだん背が低くなって来たらここという風に、飾る場所を変えながら1つのお花を長く楽しんでいます。」




ー最近は猫のaoさんに夢中とのことですが、猫との暮らしはいかがですか。



 「一緒に暮らし始めたのは、友人が保護をした猫です。これからの生活に明るい光がさすようにという願いを込めて、ハワイ語で夜明けや光を意味する ao(アオ)と名付けました。aoが来てから毎日が新鮮でとても楽しい日々になりました。まだ子猫なので色んなものに興味津々です。 植物を見つめている姿はとても愛おしいなと思っています。」



 滝沢さんにお話を伺い、さりげなく適材適所にお花を活けるセンスは、花のことをいつも想い、見つめている長い時間から育まれたものなのだなと感じることができました。

これからも暮らしと植物を楽しむ方をご紹介していきます。
次回の更新もどうぞお楽しみに。


うかがった人


滝沢緑 / klala
東京、三軒茶屋にて身の回りのものを扱うセレクトショップを2010年より営む。
klala(クララ)
世田谷区太子堂5-13-1
定休日 火水 営業時間 12時から18時
http://www.klala.net

instagram
@m.klala 仕事のことなど日常のこと
@neconoao 猫のこと








  • すてき 0
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

この記事のライター

Yu
Yu

趣味は見ることと食べること。 アート/民藝/工芸/古いもの、食、ナチュラルケアやセラピーに興味があります。 美術大学卒業後、プロダクトの企画や暮らし周りの編集に携わってきました。

直近の記事

関連記事