植物生活編集部 植物生活編集部 14ヶ月前

【週のまんなか、読みたい本】盆栽・伝統園芸植物の鑑賞知識

一冊で盆栽の知識まるわかり

昔の盆栽のイメージは立派なご老人の趣味、といった趣がございましたが、最近は「~風」「簡単!」など
初心者でもとてもはじめやすいライトな情報がたくさんあります。

しかし、この本はずっしり。
厚さ、重さ、情報
すべてがヘビーです。

そもそも「盆栽とは何か」「伝統園芸植物とは何か」から始まり、姿、佇まいや器との相性など、
「どこをどう鑑賞すればよいか」
「どう見れば<通>になれるか」
「その植物が愛でられてきた伝統」
「命名されたほどの名品の、その<銘>の由来」など、
より深く鑑賞するための、また、周りにも伝えたくなる知識を美しい写真の数々とともにお伝えします。



銘「敷島」「日暮し」「むさしが丘」をはじめ、宮内庁所蔵の銘品の数々も収録。




初心者を経て、なんだかもっと深い知識が欲しくなったら、こんな本をじっくり見るのもいいかもしれませんね。

植物生活ストアでも販売しております。気になる方はこちらから!


盆栽・伝統園芸植物の鑑賞知識
銘品、器、伝統と歴史、見方のルールを知る

著者名: 盆栽・伝統園芸植物の鑑賞知識製作委員会(編)、山口 安久(監修)
判型: [ 縦 : 261mm ] [ 横 : 190mm ]
ページ数: 256
定価:4000円
ISBN: 978-4-416-51608-9













 
  • すてき 0
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

この記事のライター

植物生活編集部
植物生活編集部

「植物生活」とは花や植物を中心とした情報をお届けするメディアです。 「NOTHING BUT FLOWERS」をコンセプトに専門的な花や植物の育てかた、飾り方、フラワーアート情報、園芸情報、アレンジメント、おすすめ花屋さん情報などを発信します。

直近の記事

関連記事