植物生活編集部 植物生活編集部 2018/07/18

バイカラーの花だけで作るナチュラルスタイル [F l o w e r s D e u x F e u i l l e/東京]

インパクトのあるバイカラーの花だけで作るナチュラルスタイル

色使いには定評あるフローリスト清水千惠さんには、多色使いのルールがあります。
それは濃い色は外側よりも中心に配し、隣り合う色同士が沈まないような色合わせにすること。
今回使用した花材はすべて複色。

ナチュラルスタイルでは敬遠されがちな花色をセレクトした理由は「一つの作品でたくさんの色合いが楽しめるから」と話してくれました。
存在感のあるバンダを中心に、作り込み過ぎずざっくりと仕上げています。
 

Flower&Green

チューリップ‘ロココ’、バンダ‘スペックル’、バラ‘パーティ ラナンキュラ’、アルストロメリア‘グリーンフィールド’



バンダを中心に隣り合う花の色が沈み込まないように配置。
もう1色強い色を入れたいところを花ではなく、空き缶でナチュラル感をプラス。
 

教えてくれたフローリスト
清水千惠 Chie Shimizu

都内の生花店に勤務のち、2008年都立大学駅前に「Flowers DeuxFeuille」をオープン。2013年2月に出産を機に、ショップからアトリエ形態へと転換。現在は育児をしながら、オーダー制作や展示会などで活動中。

 
  • すてき 0
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

この記事のライター

植物生活編集部
植物生活編集部

「植物生活」とは花や植物を中心とした情報をお届けするメディアです。 「NOTHING BUT FLOWERS」をコンセプトに専門的な花や植物の育てかた、飾り方、フラワーアート情報、園芸情報、アレンジメント、おすすめ花屋さん情報などを発信します。

直近の記事