植物生活編集部 植物生活編集部 18ヶ月前

Botanical TRIP 私の好きな、地元のこと。#05

アーティストがインスピレーションをうける場所。 
海外、街、自然、いろんなものごとに刺激を得ながら
創作を形にしていく過程。
その源を探る旅に出てみます。
その名も「ボタニカル・トリップ」
今回もまた、静岡県出身のフラワーアーティスト
後藤清也さんに地元を旅してもらいます。
 

Botanical TRIP vol.5
05/静岡県「南伊豆の白浜」


静岡県東部の伊豆半島。
小さいながらも、温泉街があり、
マングローブ植物も生育しているそうです。
伊豆半島最南端の岬でもある石廊崎などの景勝地を有する南伊豆は、
小さなリアス式海岸の姿を有しています。

そんな、心地よい気候と豊かな大地に、
「碧い海」と「白浜」が広がっていることでも有名です。




見渡す限り広がる青い空。
夏真っ盛りのこの海に仰ぐこの空を見渡すと、
なぜか、夏ならではの儚さや、
「一瞬」の尊さを感じざるを得ません。

それは、植物に通じる感情。
この海という存在と、
植物。

空、海、白い砂浜というのは

かつての花人たちも
さまざまな手法で表現してきた舞台でもあるのです。


今回は南伊豆の海岸にて、
フラワーアーティスト後藤清也さんに、
海に映える作品を2つ制作いただきました。



まずは、伊豆下田にある「Spicedog」にて
海を感じさせるフラワーアレンジメントを制作。



日本ではないような、ビーチスタイルの店内に、花が映えます。




「この木はなんだろう?」と後藤さん。

これは、静岡の名産品でもある「みかん」の木。

温室には様々な植物が育ち、
小さなころから自然と触れ合ってきた後藤さんにとっては、
自ら育てた植物のなかでも

「不完全で、虫食いがある」ものの方が愛おしく、
こだわってしまう。

そんな素材で仕上げられていることが多くあるそうです。


このみかんの木は「サンゴに通じるフォルムがある」ということでセレクト。
貝殻を添えるだけで夏らしいアレンジメントになりました。






そして、いよいよ砂浜へ。
この前日は台風で、午前中の大雨が嘘のように晴れ渡り、
多くの人が海へと繰り出していました。

白い砂浜と、青い空、透き通る海にどのような作品が仕上がるのか。



自然というのは、ものすごいエネルギーを持つものです。
また、それ自体が完全なる造形を極めているものなので、
その中に美しくなじませる作品作り、というのは
やはりアーティストにとっても至難の技であり、
挑むには高いハードルでもあります。


持ち合わせたバショウの花、エアプランツのチランジア‘ウスネオイデス’、ケイトウ・・・。
予想外の組み合わせを、驚くべき速さで組み上げていく後藤さん。
完成した姿はイメージせず素材を感じ、手を動かしていくタイプだそうです。


風にたなびく作品は、なんとも美しく仕上がりました。
2メートル近い鉄のフレームに、鮮やかな植物が彩られました。




夏は切り花が長持ちしにくい季節ですが
南国の花は比較的持ちも良いそうです。

風になびく植物。フレームの隙間から覗く
“向こう側”の世界。それは海であり、空であり
その先には海外につながっているのです。

しっかりと伊豆の白浜に立つフラワーオブジェ

強くありながら、永遠でありながら、
それでいて儚くもある。
自然と、鉄のフレームと、
植物と、風と。
相反する要素たちが、
見る人に心地よさや、ときに憂いに似た感情を
喚び起させてくれます。


夏には、ほかの季節より少し大胆に植物で遊んでみることができるかも知れません。


撮影/飯島勇介


旅した人
後藤清也 
静岡県伊豆河津町出身。幼少期より自然や花に触れ、植物の魅力に惹かれていく。東京・恵比寿のウェディング会社にてパーティ装飾や空間装飾を行う。退社後は芸能活動などを経て2012年にSEIYA Designを設立。国内外にて活動中。


後藤さんの定期レッスンが東京で開催しています。
詳しくはこちらから▶︎ 植物生活スクール「後藤清也フラワーレッスン&スイーツ」



こちらの記事もおすすめ
>>Botanical TRIP 私の好きな、地元のこと。#01
>>Botanical TRIP 私の好きな、地元のこと。#02
>>草木をめぐる仕事〈第3回・前編〉萩尾エリ子さん──ハーバリスト





植物生活公式LINE@での情報更新中!
  • すてき 1
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

この記事のライター

植物生活編集部
植物生活編集部

「植物生活」とは花や植物を中心とした情報をお届けするメディアです。 「NOTHING BUT FLOWERS」をコンセプトに専門的な花や植物の育てかた、飾り方、フラワーアート情報、園芸情報、アレンジメント、おすすめ花屋さん情報などを発信します。

直近の記事

関連記事