植物生活編集部 植物生活編集部 15ヶ月前

【週のまんなか、読みたい本】ドライフラワーの飾り方

ドライフラワーがセンスアップするアイデアがたくさん掲載


「お部屋がもっとお洒落になるアイデア集 ドライフラワーの飾り方」
時間を重ねることで徐々に水分を奪われていく生花。

ドライになる過程の花たちは、生きているものの儚さを感じさせ、自然が作り出す美しい姿で見る者を魅了します。
それはまさに、ドライフラワーならではの世界です。
ドライフラワーは以前カントリーテイストで大いに盛り上がりましたが、時を経た今、ドライになるストーリーまでも感じさせるような、「アンティーク」「ヴィンテージ」テイストで、再び注目が集まっています。



カフェやセレクトショップなどの店先にも、ドライフラワーを取り入れたディスプレイがちらほら……。

本書では、個性あふれるフローリストたちが、“今”ならではの感覚でドライフラワーをアレンジする方法を提案。 さりげなく部屋の片隅に置いたり、ビンに詰めて作品として見せるなど、ドライフラワーをもっと楽しむためのアイデアが満載です。

花のプロならではの、“ちょっとした”センスやテクニックは、きっと真似したくなるはず。

飾り方の基本は、プロセス写真つきで解説。 花が好きな方も、手軽なインテリアとして楽しみたい方も、ぜひご覧ください。

植物生活ストアでも取り扱っております!

ドライフラワーの飾り方
誠文堂新光社
ISBN: 978-4-416-71598-7
判型:A5
ページ数: 144
仕 様:A5判、144ページ
定 価:1,400円+税
ISBN:978-4-416- 71598-7






こちらの記事もおすすめ
>>ドライフラワーで小さな花束をつくってみた
>>素材を守りながらインパクトをプラス!ドライフラワーのラッピング
>>スワッグいろいろ「清楚さとはかなさとドライのバラ」





  • すてき 1
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

この記事のライター

植物生活編集部
植物生活編集部

「植物生活」とは花や植物を中心とした情報をお届けするメディアです。 「NOTHING BUT FLOWERS」をコンセプトに専門的な花や植物の育てかた、飾り方、フラワーアート情報、園芸情報、アレンジメント、おすすめ花屋さん情報などを発信します。

直近の記事

関連記事