植物生活編集部ライター 植物生活編集部ライター 2018/09/01

花とカフェでゆったりする。[終日フラワー/東京・渋谷]

オーダー以上の花でアピール、欲張りな花屋

ビアバー、カフェ、花店の3店舗からなる「終日one」。
店を訪れてすぐ目に入るのが所狭しと並べられた鉢物、切り花です。
「来店されるお客様を最初に迎えるウェルカムフラワー」を意識していると、花店「終日フラワー」のオーナーであるCharさんは言います。

Charさんは中目黒の(hana-naya)から独立後、現在の店舗のオーナーと知り合いだったことからポップアップショップを経て、店頭のスペースで花店を開くようになりました 。

「何色にも染まれます」をモットーにお客様のどのようなオーダーにも合う花をセレクト。花を贈る人、贈られる人についての話をできる限り詳細に聞いてイメージを膨らませるそうです。

オーナーのCharさん。束ねた花はSNSでも人気です。

ありったけの想いを込めて作るので、制作中に息をするのを忘れてしまうくらい集中してしまうことも。
オーダー以上に頑張ってしまうこともあり、自身を「欲張りな花屋」だと言います。


バー目当てのお客様が何回も訪れるうちに気軽に花を買うようになったり、新たな客層とも出会える空間です。
そんな場所でより多くの人に花の魅力が伝われば、と日々花を束ねています。


終日フラワーのスペースは終日oneの入り口あたり。

階段を利用して省スペースながらたくさんの花が並べられています。




さまざまなオーダーに対応できるように花を仕入れているとか。
Charさんの好みが強く出ると、「変わった花が多い」と言われることもあるそうです。


花の価格表。球根の図版は友人が昔の洋書から抜き出してくれたものでお気に入り。




カフェスペースにも季節の花やハーバリウムなどが並んでいます。



オレンジのダリア、真っ青な染めのガーベラとともに束ねたのは持ちもよく、部屋のインテリアとしても使えるネイティブフラワー。


Flower & Green
ダリア、ガーベラ、ヤグルマソウ、アイビー、セントーレア‘マジックシルバー’、ウーリースプーン、リモニウム、リューカデンドロン、コットンブッシュ、レモンリーフ、ストーブプルモーサ



ドライになる花を求める人も多いそうです。長く飾れて、ちょっとしたお土産になるハーバリウムも店頭に置いてあります。


Flower & Green
ドライフラワー

教えてくれたフローリスト
Char

終日フラワー
東京都渋谷区上原3-44-11
Instagram:@charbatake


撮影/西田香織

 

こちらの記事もおすすめ

2つで1つのショップ。 レッスンを中心に顧客のハートを がっちりキャッチ![京都]


>>異業種が集まる “シェアショップ”の花店 [東京]
>>花のある空間 大特集



2019年の手帳は決まった?植物生活ストアで販売中!



公式LINE@登録で、植物生活オリジナルのスマホ用壁紙をプレゼント!
  • すてき 0
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

この記事のライター

植物生活編集部ライター
植物生活編集部ライター

「植物生活」とは花や植物を中心とした情報をお届けするメディアです。 「NOTHING BUT FLOWERS」をコンセプトに専門的な花や植物の育てかた、飾り方、フラワーアート情報、園芸情報、アレンジメント、おすすめ花屋さん情報などを発信します。

直近の記事

関連記事