植物生活編集部 植物生活編集部 2週間前

カスタマイズが魅力!花のプロが使っている「フラワービジネス手帳」


「フラワービジネス手帳2019」は花き業界唯一のシンクタンクで国内最大の花き市場、大田花きのグループ会社「大田花き花の生活研究所」がプロデュースした、フラワービジネスにかかわるすべての人へ向けた手帳です。

この手帳を愛用している、最前線で活躍する人を探して、話をうかがいました。


うかがったのは、業界大手の第一園芸株式会社。

第一園芸株式会社では、2019年4月から入社予定の内定者全員に、花業界のことを少しでも理解し学ぶことができるようにと、事前に配布しているそうです。


第一園芸株式会社 装花事業本部 装花事業部 切花バイヤー 山下瞬さん



 

フラワービジネス手帳2019、こんな風に使っています。

この手帳を愛用している山下瞬さんに「フラワービジネス手帳の使い方」を聞きました。
お花屋さんらしいおしゃれにスタイリングされた会議室。
植物を扱う会社ならではの空間。こんな会議室だったら、建設的な意見がどんどん出そうですね。



切花バイヤーとして活躍中の山下さん、胸元のガーベラのピンバッジが素敵です。
さすが、敏腕バイヤーだなという佇まい。


──フラワービジネス手帳2019ですが、まずお仕事上ではどんな使い方をされていますか?

「バイヤーなので、品目別出荷量などは読み込んで頭に入れておくようにしています。それから、当社の婚礼担当のスタッフには、この手帳を見て、一般的な花店にとって大切なお盆やお彼岸などの物日(イベント)を知ってもらうように、話しています。というのも、婚礼の現場で仕事していると、これらの物日に疎くなりがちなのですが、花の相場や市場の物流には大きな影響があるので、花の業界にいる以上、理解したうえで働いて欲しいですし、大切なことだと思っています。」

──山下さんご自身が、この手帳を愛用している点はどんなところですか?

「この手帳のいいところは、カスタマイズできることですね」

デスクには過去3年分のフラワービジネス手帳(旧「花研手帳」)
おしゃれな山下さんらしい、ポップな雰囲気の手帳になっています。



「今までは、表紙の紙が少し薄かったので、補強を考えてカスタマイズを始めました。そのうち、自分が好きなように変えられるのが楽しくなりましたね」



ちなみに、同席していただいた、広報部長さんの手帳もカスタマイズされています。
こちらはファッション雑誌から切り取ったものを入れて。女性らしく華やかさとスタイリッシュさがあり素敵です。


──フラワービジネス手帳では統計データや花の知識なども充実していますが、お気に入りのページはありますか?

「個人的は、全国県庁所在地別の花き支出金額ランキングのページがお気に入りです。毎年、掲載されているのですが、過去の手帳と見比べて、この地域は下がっているな、上がっているな、とか比較するのも楽しいですね。例えば、僕の出身地である福岡市は、毎年支出額は低く、かなり下の方です。一方、同じ九州地区の鹿児島市はずっと上位で、九州ではトップです。この背景には、鹿児島がお墓へのお供えに生花をふんだんに飾るのに対し、福岡市は造花を飾る文化があるからかな、などと考えるのが楽しいですね。」




学生時代は地理がお得意だったという山下さん、納得です。
過去の手帳は読み込んだあとがたくさん。
仕事柄、地域の動向を知っておくこともプラスになりそうです。



(第一園芸 広報部長さん)「毎年、手帳の購入希望者を社内で募り、まとめてオーダーしているのですが、山下がこの手帳の購入数が社内ーなんです。」

──それはつまり、ご自身以外の手帳も頼まれているということですよね?

「はい。実家にいる母にもこの手帳を毎年数冊送っています。花の仕事をしているわけではないのですが、花がとても好きです。毎年、花好きの友人の分も合わせて送っています。花好きの人には従来の手帳にはない、楽しさや発見があるようです。ちなみに私の奥さんも花業界ではありませんが、この手帳の愛用者です!」

──花業界以外の人でも、楽しめかつ使える手帳ということですね。そういえば、フラワービジネス手帳2019では、ウィークリーで1日のタイムスケジュールを細かく書き込めるページも増えました。

「午前6時から記入できるというのは、業界で働く人の仕事をちゃんと理解しているからこそですね。通常の手帳では、はやくても午前8時からというのが多いですよね。それから、今年のフラワービジネス手帳は旧タイプにくらべて、しっかり開けることができるのもいいですね。新しい手帳もカスタマイズして、楽しみながら仕事にもプライベートにも役立てたいと思います。」


手帳の立ち読みはこちらから





取材協力/第一園芸株式会社 www.daiichi-engei.co.jp

文・取材/植物生活編集部 撮影/勅使河原真

 

▶︎「フラワービジネス手帳2019」のお求めはこちらから


公式LINE@登録で、植物生活オリジナルのスマホ用壁紙をプレゼント!
  • すてき 1
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

この記事のライター

植物生活編集部
植物生活編集部

「植物生活」とは花や植物を中心とした情報をお届けするメディアです。 「NOTHING BUT FLOWERS」をコンセプトに専門的な花や植物の育てかた、飾り方、フラワーアート情報、園芸情報、アレンジメント、おすすめ花屋さん情報などを発信します。

直近の記事