植物生活編集部 植物生活編集部 2018/11/24

【アートメモランダム・番外編】MOTサテライト 2018秋 うごきだす物語 宮永愛子トークイベント・レビュー

アートメモランダム、今回は番外編です。

前回、東京・清澄白河の街を歩きながら美術作品を体感した、「MOTサテライト 2018秋 うごきだす物語」
https://shokubutsuseikatsu.jp/article/news/p/7680/
【アートメモランダム】MOTサテライト 2018秋 うごきだす物語[清澄白河]

街の歴史とアートがリンクするのを楽しみながら、作家の目を通して見る「清澄白河」が新鮮にも懐かしくも思えて、作品が内包するものを街の風景とともに味わうような、そんな企画でした。
トーク会場の様子

後日、参加作家によるアーティストトークとして、11月17日に現代美術作家、宮永愛子さんの トークイベントが開催されたので、行ってきました。
トークのゲストはNHKの番組『日曜美術館』の現キャスターの小野正嗣さん。芥川賞作家でもあります。
会うのは今回がはじめてというお二人。(左:小野正嗣 右:宮永愛子)

すでに暗くなった清澄白河の街に「どこにこんなに人がいたの?」というほどの人が。 観客のすごい熱気で期待が高まります。

今回、宮永愛子さんの展示を企画担当された、東京都現代美術館の学芸員・北澤ひろみさんの 「今日は割とフリーな感じでトークを進めて行こうかなと思っています」 という進行でなごやかにスタート。

2013年、青森県で行われた十和田奥入瀬芸術祭にあわせて刊行された 『十和田、奥入瀬 水と土地をめぐる旅』(青幻舎)で小野さんは小説を、出展作家である宮永さんは作品のテキストで参加し、作品同士は間接的には出会っていたのに、ご本人同士がお会いするのは初めてだそうで、小野さんは「聞きたい事がたくさんある!」といった様子でした。
観客もうなずきながら聞き入っていました。



<実際の展示風景> 宮永愛子「Strata そらみみみそら(清澄白河)」2018 陶、釉、小名木川の水、ミクストメディア、サウンドインスタレーション

印象的だったのは「Strata そらみみみそら(清澄白河)」の宮永さんの説明。
作品のキャプションに「サウンドインスタレーション」とあり、私自身が行ったときには音は聞こえなかったので実感はなかったのですが、

「このヒビ模様が生まれる瞬間、10分たったら音が鳴るとかそういう約束ができない作品。聞き逃した人もいるかもしれません。
待っている時間がなんとなく気持ちいいという作品です。(中略)形がない音が場所を持ち始めることに耳を澄ませるということがなんとなく好きです。」

という説明を聞いて、「音を聞く事が出来なくても正解」と腑に落ちました。作品の別の角度からの体感だったんだな。と。

宮永さんの作品をスライドで見ながら

観客からの展示方法についての質問に関しては、宮永さん自身の育った環境(ご実家が窯元という事です。)が影響しているとのこと。そして、あえて上のほうに作品を展示し、「見ることをしない」という事を示したかったそう。
たしかに、目の高さに作品があると、「ここをこうやって見てくださいね」と言ってるようです。それは、今回の場合、作家の表現したいところとは別の情報を与えてしまう事になりかねない。なるほど。と思いました。

通常、作家から与えられる「作品の見方」をあえて除外する事で、見る側を的確に答えに導く。この作品はなぜ「いい」のか、鑑賞者だけではたどり着くことが難しい作品の魅力のすべてが解き明かされる。そんな説明でした。



熱心に聞き入る観衆


後半は宮永さんの性格や特技(?)の話など。 宮永さんの迷いのない言葉の選択と小野さんの話すポイントが心地のよい流れとなり、1 時間半のトークでしたが、話は尽きることなくあっという間でした。
 



編集部はこう見た!


展示とトークイベントとセットで参加する事で、作品の新しい側面を理解できました。
今回は予約なしで当日参加が可能なイベント。だからこそ「キチンとした」感じの話だけではなく、作家の人柄などにもふれられたのではないかと思います。
知り合いに気軽に「行ってみたらどう?」「一緒に行かない?」と言える、そんなトークイベントがあるとよりアートを身近に感じられると実感しました。

今後はこういったコンテンツが動画配信される事なども期待されるところです。  トークの後、もう一回作品を見ておさらいしようと思ったのですが、会期ぎりぎりだったため、見ることができず。また次回宮永さんの作品を見る時の知識としてストックしておきたいと思います。

<テキスト・写真  植物生活編集部>  
  • すてき 0
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

この記事のライター

植物生活編集部
植物生活編集部

「植物生活」とは花や植物を中心とした情報をお届けするメディアです。 「NOTHING BUT FLOWERS」をコンセプトに専門的な花や植物の育てかた、飾り方、フラワーアート情報、園芸情報、アレンジメント、おすすめ花屋さん情報などを発信します。

直近の記事

関連記事