植物生活編集部 植物生活編集部 2019/02/22

ボタニカルフォトアワード優秀賞作品のご紹介・Aharusameさんインタビュー


 

「ホワイトデザイン」の複雑なテーマを楽しみ、表現した作品


第二回ボタニカルフォトアワード「ホワイトデザイン」優秀賞受賞作品のご紹介です。
今回の一枚はAharusameさん。
大きな花器に活けられたアンスリウムがダイナミックな構図により迫力のある美しい作品になっています。


 

今回の受賞についてご感想をお願いします。

日々、強烈なミーハー精神で生きているので、美しいもの面白いものを常に撮っています。
今回は、ちょうど自宅に活けていたオーニソガラムの白い花が、爆発的に狂い咲きしていたのと、
他にも白グリーンの花に溢れていたので、テーマにふさわしく出品する機会を得られたことが、
本当に嬉しかったです。

 

テーマ、「ホワイトデザイン」をどう思いましたか?

白は様々にコンセプチュアルな設定が可能だと思いました。
白は大好きですし、アレもコレもホワイトをコンセプトにして活かし、白をデザインすることが出来る、
と思いワクワクしました。

 

白い花で一番好きなものはなんですか

カラー、かな。
最近はオーニソガラムの白に目覚めてハマっています。笑
今の季節では、チューリップやラナンの白もかなり魅力的。

 

この作品のエピソードやテーマ、ポイントがありましたらお願いします。

この作品タイトルは「水と屈折、光と反射な白」笑
このガラスの花器は、床面から90センチメートルほどもあり、 かつ薄い繊細なガラス花器です。
お気に入りの花器なので、たくさんの水を使いますが、普段から自宅生けに愛用しています。

水を活けるコンセプトにはもってこいのクリア感なので、 当初 グリーンのアンスリウムを30本ほど活けていました。
徐々に白アンスだけにしてみたり、と 楽しみ方がたくさんです。
たっぷりの水に植物を活けた時は、 その表面張力や、水の屈折、光の反射で、たいそう美しい光景になります。
水と朝の日差しのおかげで、 水中のアンスリウムの白が、より象徴的になったのだと思います。
光とアンスリウムが、まさにホワイトデザインといふテーマに合致したので、 投稿してみた次第です。

 

作品で使用した花材を教えてください。

アンスリウム

 

このフォトコンテストに応募したきっかけを教えてください。

日頃より、周りのお友達撮ったものや、 花写真を見るのが大好きです。
自分でも、膨大に植物写真を撮るのですが、植物たちが持つ実力のある美しさやキュートさを、
自分だけで感嘆するだけではもったいない、と思ったので。
ともかくは、この花の実力の凄さを誰かに見て欲しかったです。笑

 

普段の活動、今後の活動について教えてください。

生け花歴15年の帽子作家兼フローリストとして、植物から恩恵を得て瑞々しい日々を送っているつもりです。
なんちゃって農業を始めてまだ3年。
将来のプランは多々あり、すべてにおいて仕込み中。
ジャンルを問わず、土地も問わず、植物を通じて  美と面白さと美味しさの追求を続けていきます。




Aharusameさんの投稿ページは>>こちら

 

植物生活LINE@はじめました!お友達登録はこちら

 
  • すてき 0
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

この記事のライター

植物生活編集部
植物生活編集部

「植物生活」とは花や植物を中心とした情報をお届けするメディアです。 「NOTHING BUT FLOWERS」をコンセプトに専門的な花や植物の育てかた、飾り方、フラワーアート情報、園芸情報、アレンジメント、おすすめ花屋さん情報などを発信します。

直近の記事

関連記事