植物生活編集部 植物生活編集部 2019/02/22

ボタニカルフォトアワード優秀作品のご紹介・ルフルロンさんインタビュー

同時2作品受賞!モノクロの世界の植物達


第二回ボタニカルフォトアワード「ホワイトデザイン」優秀賞のご紹介です。
「ホワイト」という抽象的なテーマながら、各作家さまざまな表現を写真におさめていただきました。

今回はなんと、植物生活フォトコン初!同時2作品受賞のルフルロンさんからのコメントです。

 

今回のテーマ、「ホワイトデザイン」と聞いてどうゆうイメージがわきましたか。
「ホワイト」と聞いてイメージするもの(こと)はなんですか。


「初心、新鮮、純粋、偲ぶ、追憶、静寂」この世界の中の始まりと終わり。何もない様や、何もないからこそ生まれる何か。

 

この度2作品受賞しておりますが、各作品、制作、撮影時のテーマとこだわりなど教えてください。


〇ナンキンハゼのリース
素材の美しさを最大限に活かした、ナンキンハゼのオーバル型リース。 今年2019年の「始まり、初心」がテーマ。 自然の恵みを感じながら、実をひとつひとつリース土台につけていく地道な作業の中で、2019年の目標や志をも、ひとつひとつ確認していく。そんな気持ちで作り上げました。

〇モノクロのある世界
無彩色であるホワイト・グレー・ブラックの花材で空間を飾る。 質感や形状が異なるそれぞれの個性的な姿が静かに美しくて、シンプルに並べました。 撮影に失敗して、何も写っていない昔のポラロイド写真を傍に添えて。 過去の失敗もいつか活かせる時が来る。そんな事にも気づけた作品です。
 

2作品の使用花材を教えて下さい。

〇ナンキンハゼのリース
使用花材:ナンキンハゼ

〇モノクロのある世界
使用花材:グレビリア、スターリンジア、グロボラス、ラムズテール、シルバーブルニア、ラムズイヤー、ポポラスベリー、テトラゴナ、ユーカリブラックテール、ヘリクリサム、ナンキンハゼ、ウッディペアー
 

ホワイト(白)の花で一番好きな花を教えてください。


白のラナンキュラス。 純白の衣を纏ったような何層もの花びらが、とても魅力的で惹かれます。
 

いつも撮影するときのこだわりを教えてください。(2作品の撮影した環境なども含め)


両作品とも作業部屋の長テーブルで撮影しています。 自然の光が少しずつ入り込む時間帯、もしくは光をだんだん失っていく時間帯に。 光の加減で、作品の表情が微妙に変わるところが好きです。 制作前に心がけていることは、花材を一度花器に飾ってみて、そこからじっくり観察すること。 植物の表情や形・色・質感、魅力や印象など、自分のインスピレーションで探っていきます。

ルフルロンさんの投稿ページはこちら
http://https//shokubutsuseikatsu.jp/users/lefleuron/


ルフルロンさんインタビューページはこちら
https://shokubutsuseikatsu.jp/article/news/p/7112/


 

植物生活LINE@はじめました!お友達登録はこちら

  • すてき 0
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

この記事のライター

植物生活編集部
植物生活編集部

「植物生活」とは花や植物を中心とした情報をお届けするメディアです。 「NOTHING BUT FLOWERS」をコンセプトに専門的な花や植物の育てかた、飾り方、フラワーアート情報、園芸情報、アレンジメント、おすすめ花屋さん情報などを発信します。

直近の記事

関連記事