植物生活編集部 植物生活編集部 2019/02/22

ボタニカルフォトアワード優秀賞作品のご紹介 華屋・リンデンバウムさんインタビュー

ふんわりしたかすみ草のリースのフォルムと質感が愛らしい作品

第二回ボタニカルフォトアワードは「ホワイトデザイン」
優秀賞を受賞した方の作品をご紹介いたします。
今回は華屋・リンデンバウムさんの作品です。
ふんわりしたリースのフォルムが愛らしく、背景が真っ白でもあたたかな感じを受けます。
右に寄せた構図もリースの影の面白さを発見できる作品です。

 

今回の受賞の感想をお聞かせください。


大変嬉しく、光栄です。
ただ好きなことを続けてきた私にとって、自分の作品を目にとめていただけるのは、本当に嬉しいです。

 

今回の「ホワイトデザイン」というテーマをどうとらえましたか?


はじめは白い花と思っていたのですが、空間という考えに変わり、私の住む地は、まさに真っ白な世界。
白い雪の上に咲く花、純白で汚れのない、心の中までも真っ白にしてくれる白ホワイトと考えました。

 

今回の作品のポイントや表現、注目してもらいたいところなどがありましたらお聞かせください。


白い雪に、うすグリーンのかすみ草。
ふわふわの雪に、ふわふわのかすみ草、白い雪は冷たく感じる方も多いと思いますが、
白いかすみ草を暖かく包む日差しと雪を表現したい。
見て感じていただきたいと思いました。
 

白い花でいちばん好きな花はなんですか?その理由もお聞かせください。


かすみ草です。
いつもそこにいて、何も選ばず、誰とでも一緒にいられる花。
主役にも脇役にもなれ、いつも誰かを暖かく包み照らしていてる花。
いろんな色に染まることもできる、私もそうありたいと思わせてくれる大好きなお花です。
 

花を撮影するときのこだわりを教えて下さい。


写真を撮ることは、けして得意ではないのですが、
その子たちが一番可愛いくみえる角度や場所を探すようにしております。
可愛いく、綺麗に。
 

今回撮影した機材(カメラ・スマホ)の種類


iPhoneでの撮影です。
 

普段どのような活動をしていますか?今後の活動があれば教えてください。


多くの方に花を身近に感じ花のある暮らし、
花にふれる愉しさを感じてほしいと思いワークショップを中心に活動しております。
店舗をもっておりませんので、製作作品は多くの方のお手元に届けられるよう、
ネット販売や毎月1回、東京でマルシェに参加しお気に入りを見つけていただければと思っております。
 



華屋・リンデンバウムさんの作品は>>こちらからご覧いただけます。



次回のフォトコンテストは「スワッグ デザイン」をテーマに開催します。
会員登録がまだの方も是非、この機会にご応募ください!

  • すてき 0
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

この記事のライター

植物生活編集部
植物生活編集部

「植物生活」とは花や植物を中心とした情報をお届けするメディアです。 「NOTHING BUT FLOWERS」をコンセプトに専門的な花や植物の育てかた、飾り方、フラワーアート情報、園芸情報、アレンジメント、おすすめ花屋さん情報などを発信します。

直近の記事

関連記事