植物生活編集部 植物生活編集部 2019/03/12

3ステップ上達法 はじめての花の活け方 vol.02 「シャクヤクを活ける その2」



この連載は、花を習ったことがない、活けたことがないという初心者の方でも気軽に花を生けられるように、3ステップでアレンジを完成させる!という内容です。
近くのお花屋さんや、スーパーなどでも販売している身近な花を中心にご紹介します。


 

vol.02 シャクヤクを活ける その2


晩春から初夏の花といえば、シャクヤク。
和洋を問わず、合わせ方で魅力が引き出される花です。今回はその2。

シャクヤクの丸い雰囲気を生かし、少し膨らんだシャクヤクが満開になるまで楽しめる活け方です。合わせるドラセナの色を変えると、仕上がりの雰囲気も変化します。


材 料
シャクヤク‘ルーズベルト’ …1本
ドラセナ(レッド) … 1 本
 


まずは準備

1: ドラセナの葉を枝から茎が残るようにカットします。これを2枚用意します。



2: カットしたドラセナの葉は、反り返らないように指で写真のように丸めます。


3:シャクヤクは活けるフラワーベースの高さと同じ位の長さに茎をカットします。葉も取ります。

 

STEP1


1)ドラセナの葉を1 枚丸め、ホチキスなどで留めます。フラワーベースの口元に止まるように差し込みます。
 

STEP2


2)2 枚目のドラセナは1 のドラセナの中に茎を入れます。
 

STEP3


3)シャクヤクを2のドラセナの上に入れて完成です。



ポイント
丸めたドラセナを口元に入れることで、シャクヤクの花を支えます。
フラワーベースの口元ギリギリに花を活けると立体感がない上に、開いていく間に花が動いてしまいますが、この方法だと立体感が生まれ、花の固定にもなります。


応用編
カーネーション、ガーベラ、バラ、ヒマワリなど他の花にも応用できるテクニックです。
ドラセナの色を変えても楽しめます。



教えてくれた本
「3ステップ上達法 はじめての花の活け方」永塚慎一 著 誠文堂新光社 刊 

 

 
  • すてき 0
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

この記事のライター

植物生活編集部
植物生活編集部

「植物生活」とは花や植物を中心とした情報をお届けするメディアです。 「NOTHING BUT FLOWERS」をコンセプトに専門的な花や植物の育てかた、飾り方、フラワーアート情報、園芸情報、アレンジメント、おすすめ花屋さん情報などを発信します。

直近の記事

関連記事