植物生活編集部 植物生活編集部 2019/03/13

3ステップ上達法 はじめての花の活け方 vol.04 「ガーベラを活ける」その1



この連載は、花を習ったことがない、活けたことがないという初心者の方でも気軽に花を生けられるように、3ステップでアレンジを完成させる!という内容です。
近くのお花屋さんや、スーパーなどでも販売している身近な花を中心にご紹介します。



vol.04 ガーベラを活ける


ガーベラは1 輪でも存在感があるため、活けやすい花です。
そこでベリーの実と合わせてみましょう。
今回はフラワーベース2 個を使い活けています。
小さなフラワーベースでも複数個を組み合わせることで、広い空間に飾っても見劣りしません。


材 料
ガーベラ(ピンク) …1本
ブラックベリー …2 本
(実の数や枝ぶりにより、本数は調整)
 

まずは準備

1:ブラックベリーはフラワーベースの高さと同じ長さから約2倍にカットし、枝分かれしているものは切り分けます。

2:ガーベラはフラワーベースの高さと同じ長さにカットします。


STEP1


1)フラワーベース2 個を10 cmほどの間隔をあけ、少し前後するように並べます。左側の口が広いフラワーベースの両脇にブラックベリーを2 本入れます。もう1 本のブラックベリーは右側のフラワーベースに入れ、実が隣のフラワーベースの方向を向くようにします。
 

STEP2


2)ガーベラを口元が狭いフラワーベースの右側にまっすぐ入れて完成です。


ポイント
複数個のフラワーベースを使って活けるときは、繋がりを作ることが大切です。ここではブラックベリーを向き合うように活けています。



教えてくれた本
「3ステップ上達法 はじめての花の活け方」永塚慎一 著 誠文堂新光社 刊 




植物生活ショップでも販売中です >>



これまでの連載をまとめて読むならこちら>>

 
  • すてき 0
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

この記事のライター

植物生活編集部
植物生活編集部

「植物生活」とは花や植物を中心とした情報をお届けするメディアです。 「NOTHING BUT FLOWERS」をコンセプトに専門的な花や植物の育てかた、飾り方、フラワーアート情報、園芸情報、アレンジメント、おすすめ花屋さん情報などを発信します。

直近の記事

関連記事