植物生活編集部 植物生活編集部 2019/03/13

3ステップ上達法 はじめての花の活け方 vol.03 「トルコギキョウを活ける」



この連載は、花を習ったことがない、活けたことがないという初心者の方でも気軽に花を生けられるように、3ステップでアレンジを完成させる!という内容です。
近くのお花屋さんや、スーパーなどでも販売している身近な花を中心にご紹介します。


 

vol.03 トルコギキョウを活ける


  トルコギキョウの枝分かれを生かしたテクニックです。
八重咲きのゴージャスなトルコギキョウは短く活けても存在感があります。
花色が引き立つ、美しいグリーンのキイチゴの葉を合わせています。シンプルでどんな空間にも合う組み合わせです。



材 料
トルコギキョウ(白八重) …1本
キイチゴ …1本


まずは準備

1: トルコギキョウを枝分かれで1輪ずつに茎を長めに切り分け、5輪ほど用意します。グリーンの蕾も同様にカットしておきます。


2: キイチゴは葉が3枚ほどついた枝で、茎の長さを6cm以上に切り分けたものを用意します。
 


STEP1




1)カットしたトルコギキョウをフラワーベースの左側に4 輪入れます。茎が短めのものはフラワーベースの縁に掛けるように活けます。
 

STEP2




2)フラワーベースの右側に、キイチゴを葉の表がトルコギキョウの後ろ側になるように入れます。


STEP3




3)フラワーベースの右側の縁にトルコギキョウが右側を向くように1 輪入れ、中心のキイチゴの葉の間に蕾を3 輪ほど差し込み完成です。蕾は大きさにより1 輪でも構いません。




応用編
ダークカラーでシックに



トルコギキョウは同じ量で、合わせる葉をブラウンがかったゲーラックスにしました。
キイチゴよりも立体感がないため、トルコギキョウの花の後ろに3 枚並べています。
葉の色がシックなので、キイチゴよりも大人っぽい雰囲気になります。
 

トルコギキョウは1 輪でも素敵!

トルコギキョウの八重咲きは1 輪でもゴージャスに活けることができます。
しかも日持ちもよいので、1 輪だけ余ったときなどに活用してみましょう。



ドラセナの赤い葉を立てたまま水の中に入れ、軽く折り曲げます。その上にトルコギキョウをまっすぐに活けています。




短く切り分けたグリーンのアイビー数本を輪ゴムでまとめボリュームを出しています。トルコギキョウとアイビーは足元で交差しています。


教えてくれた本
「3ステップ上達法 はじめての花の活け方」永塚慎一 著 誠文堂新光社 刊 

植物生活ショップでも販売中です >>




 これまでの連載をまとめて読むならこちら>>



 
  • すてき 0
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

この記事のライター

植物生活編集部
植物生活編集部

「植物生活」とは花や植物を中心とした情報をお届けするメディアです。 「NOTHING BUT FLOWERS」をコンセプトに専門的な花や植物の育てかた、飾り方、フラワーアート情報、園芸情報、アレンジメント、おすすめ花屋さん情報などを発信します。

直近の記事

関連記事