植物生活編集部 植物生活編集部 2019/03/13

3ステップ上達法 はじめての花の活け方 vol.09「リンドウを活ける」


この連載は、花を習ったことがない、活けたことがないという初心者の方でも気軽に花を生けられるように、3ステップでアレンジを完成させる!という内容です。
近くのお花屋さんや、スーパーなどでも販売している身近な花を中心にご紹介します。


これまでの連載

>> vol.1 シャクヤクを活ける その1
>> vol.2 シャクヤクを活ける その2
>> vol.3 トルコギキョウを活ける
>> vol.4 ガーベラを活ける その1
>> vol.5 ガーベラを活ける その2
>> vol.6 ユリを活ける
>> vol.7 アルストロメリアを活ける
>> vol.8 カスミソウを活ける




vol.09 リンドウを活ける 


リンドウは上から下の方まで花が咲くタイプの花です。
そのため長いまま活けることが一般的です。
ここでは切り分け方次第で、1本のリンドウを存分に楽しめるテクニックを紹介します。



材 料
リンドウ(ブルー) … 1 本(花のつき方が少ない場合は2 本)
輪ゴム… 1 本

 

STEP


1)リンドウをフラワーベースの高さか少し短い長さで8~10 本ほどに切り分けます。下の方についている葉は取ります。


2)1のリンドウをできるだけ頭が揃うように束ねて輪ゴムで縛ります。


3)そのままフラワーベースに入れて完成です。
 

ポイントテクニック
応用編

段咲きのリンドウは1本を短く切り分ける

リンドウは本来、段咲きに咲きますが、流通期間の終盤になる晩秋では今回使用したように枝分かれしているものが増えてきます。
段咲きのリンドウで活けるときは1本を使用する長さで複数にカットし、上部の花を残し、下の花や葉を取ってから束ねます。



教えてくれた本
「3ステップ上達法 はじめての花の活け方」永塚慎一 著 誠文堂新光社 刊 




植物生活ショップでも販売中です >>



これまでの連載をまとめて読むならこちら>>

 
  • すてき 0
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

この記事のライター

植物生活編集部
植物生活編集部

「植物生活」とは花や植物を中心とした情報をお届けするメディアです。 「NOTHING BUT FLOWERS」をコンセプトに専門的な花や植物の育てかた、飾り方、フラワーアート情報、園芸情報、アレンジメント、おすすめ花屋さん情報などを発信します。

直近の記事

関連記事