植物生活編集部 植物生活編集部 3週間前

BOTANICAL PHOTO AWARD「スワッグデザイン」 優秀賞受賞作品のご紹介 hiromiさんインタビュー

生花の時の記憶が残る、季節を感じる作品


植物生活では、BOTANICAL PHOTO AWARD「スワッグデザイン」を開催いたしました。
優秀賞受賞作品をご紹介しています。
こちらはhiromiさんの作品。
自家製のドライフラワーで仕上げたスワッグはさりげなく優雅な空間を作り出しています。



たくさん受賞歴のあるhiromiさんですが、この作品が受賞した感想を教えてください。

「今回、様々な花材や形のスワッグにもチャレンジし、応募させて頂きましたが、中でもこの作品は一番「私らしさ」が出ているかなと思っていたので、とても嬉しいです。ありがとうございます。」
 

使った花材

・ミモザ
・ルピナス
・スイートピー
・バラ
・サポネリア
・コロキア
・ユーカリ
・銀香梅
・クサカスミ
・トリフォリウム
 
 

ドライフラワー(他、生きていない花など)を使うときもやはり季節を意識して制作しますか?

「はい。 特にドライフラワーは部屋に飾ることやプレゼントすることを考えて季節は意識します。
クリスマスやお正月などの期間限定以外は季節感+長く飾っていても違和感のないものを制作するようにしています。」
 
 

今回のようにドライフラワーでスワッグを作る時気を付ける事はありますか?

「ドライになった姿を見ながら、どこに配置したら活きるかを考えて、お花や葉がとれないように気をつけながら束ねています。
花材をミックスするスワッグはイメージに合うような色や花を選びます。
ドライフラワー用のスプレーも効果的です。」
 
 

hiromiさんがスワッグを飾るお気に入り、おすすめの場所などありましたら教えてください。

「現在、やんちゃな猫2匹と暮らしており、飾る場所が制限されているのですが、キッチン脇にある小スペースを好きなものを飾る場所にしています。
その壁や棚に自作のリースやハーバリウムと共に飾っています。
大きさや形状、色などによって飾る場所も変わってくると思いますが、雑貨と同じ感覚で家具や他のインテリアに馴染むというか、ここにあったら可愛いとか、おしゃれとか、暮らしが楽しくなる場所が良いと思っています。
保たせることを考えると風通しの良い場所、直射日光が当たらない場所も重要かなと思います。」
 
 


hiromiさんの作品、instagramなどのSNSは>>こちらのページから
  • すてき 0
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

この記事のライター

植物生活編集部
植物生活編集部

「植物生活」とは花や植物を中心とした情報をお届けするメディアです。 「NOTHING BUT FLOWERS」をコンセプトに専門的な花や植物の育てかた、飾り方、フラワーアート情報、園芸情報、アレンジメント、おすすめ花屋さん情報などを発信します。

直近の記事

関連記事