植物生活編集部 植物生活編集部 2019/07/22

ローラン流 季節の花あそび vol.3 アジサイとガラスの花器のコラボレーション

人気フランス人フラワーデザイナー、ローラン・ボーニッシュさんによる、旬の花や植物素材を使ったブーケとアレンジメントの提案。洗練された花合わせ、色使いのアイデアをお伝えします。
 

vol.3 アジサイとガラスの花器のコラボレーション


今回は、花器の使い方の提案です。
メタリックシルバーの色に惹かれて購入した、コロンとした形の花器。材質はガラスで、表面に特殊な加工が施してあり、独特の質感や手作り感のある雰囲気に個性を感じます。



このまま花を生けても様になりますが、いくつか並べて使うほうが花器の特徴をより表現でき、デザインとして面白いのでは、と考えて制作した投げ入れのアレンジメントです。

主役の花は、季節のアジサイ。木の板にワイヤーで作ったフレームを固定し、ここに4つの花器を並べて動かないようにセット。
最初にウメの枝を生けて花留めにし、アイビーを入れ、アジサイやその他の花材を入れていきます。
花がつながって見えるように、横に広がるデザインにしていることがポイント。
高さはなくても、ダイナミックな印象になります。



アジサイは、ニュアンスカラーのものをミックスで使用。
アトリエにある花壇から摘んだものも混ぜています。
夏の太陽に焼けて茶色くなったコバンソウも花壇で育ったもの。
その色と姿が、かわいらしいアクセントとなっています。



冷たい水を入れると表面が結露してニュアンスが変わることころも、この花器の魅力です。




flower&green
アジサイ、アストランチア、リョウブ、アイビー、コバンソウ、ウメ(枯れ枝) 撮影/山家 学 取材/植物生活編集部


ローラン・ボーニッシュさんの世界観を存分に堪能したい!

自身初の作品集『Jeux de fleurs』もごらんください。








プロフィール
Laurent Borniche(ローラン・ボーニッシュ)
フラワーデザイナー、Laurent.B Bouquetier 代表。
フランス・パリ郊外、ブーローニュの森に隣接する高級住宅地ヌイイ市の花店の4代目。エコール・デ・フルーリスト・ドゥ・パリ卒業後、パリの老舗花店等で研鑽を積み、母校派遣講師として1998年に来日。2014年、東京・田園調布にデザインアトリエ「Laurent.B Bouquetier( ローラン・べー・ブーケティエ)」を設立。著書に『ローラン・ボーニッシュのブーケレッスン new edition』『ローラン・ボーニッシュのフレンチスタイルの花贈り』『Jeux de fleurs』(以上誠文堂新光社刊)がある。
https://www.laurentb-bouquetier.com/


(c)Kenji Kusakabe


植物生活ストアもご覧ください!



公式LINE@登録で、植物生活オリジナルのスマホ用壁紙をプレゼント!
  • すてき 0
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

この記事のライター

植物生活編集部
植物生活編集部

「植物生活」とは花や植物を中心とした情報をお届けするメディアです。 「NOTHING BUT FLOWERS」をコンセプトに専門的な花や植物の育てかた、飾り方、フラワーアート情報、園芸情報、アレンジメント、おすすめ花屋さん情報などを発信します。

直近の記事

関連記事