植物生活編集部 植物生活編集部 25ヶ月前

ナチュラルスタイルが素敵なお花屋さん [東京]

mugihana(ムギハナ)

 
 個性的でおしゃれな個人商店が点在するエリア、
東京の代々木上原で2006年にオープン。

「店は大きな花束」と、
花を「あげたい」と思ってもらえる店を手作りで作り上げ、その温かさと花の魅力が詰まった空間や
そこから生み出される美しい花のギフトにじわじわと注目が集まっています。

そしてオーダーの増加によってその小さな店が手狭になり、
現在の2号店を開くに至ったそうです。

2号店は本店から歩いて1分程度の近距離。

その店はやはり花の魅力にあふれ、
多くの人が足を止めては花と緑との触れ合いを楽しんでいます。



不思議な国の森の中で

山採りのヤマウドとの出会いから、デザインされた花束。

ヤマウドの伸びやかさ、
線香花火の火花のような実付き、そこに秋の実りや花々をたっぷりと組み合わせています。

個性的な花合わせは、どこか不思議な森の中に咲いていた草花を
純粋にまとめたような、ファンタジーな魅力があります。
花との出会いが生み出した世界観!
 

 
花材がよく見えるオープンタイプのラッピングは、
ワックスペーパーでラフに包み込んだもの。リボン代わりにネイビーの麻紐。

ナチュラル感の演出には、生活感のある、実用的なものを取り入れるのがムギハナ流。
麻紐は堀川さん夫妻が普段の暮らしの中で、
いろいろなものをまとめるときによく使う実用品。

そうした、暮らしの中にある何でもないものから、ぬくもりや親しみを感じることができる。

気配りすら自然に

小さな子が集めてきた花を、そのまま束ねたようなイメージで。

枝付きのフランネルフラワーはその枝の赴くままに組み込んで、尖った細い葉が特徴的なチランジア‘ジュンセア’は、
ひとつを丸ごと組み込んでワイルドに。

ただざっくり束ねるだけではなく、とてもデリケートに束ねながら自然になるように組んでいます。
作為的にならないようにする気配りすらも、ナチュラルに感じられる自然体な花束。




堀川英男 Hideo Horikawa
堀川 麻 Asa Horikawa
吉祥寺の老舗花店に13年勤務後、独立。
移動式花店を開業し、1年後に東京・代々木上原にて「ムギハナ」を開業。
穏やかな堀川さん夫婦の空気感が漂う店は、居心地がよく引き寄せられます。
 
text & photo  月刊フローリスト 撮影/野村正治
 
訪れたお花屋さん 
お店:mugihana 2nd(Flower)
住所:東京都渋谷区上原1-36-14
お店:mugihana(Plants)
住所:東京都渋谷区上原1-34-10
http://www.mugihana.com/

この記事のショップ

「店は大きな花束」と、花を「あげたい」と思ってもらえる店を手作りで作り上げ、その温かさと花の魅力が詰まった空間やそこから生み出される美しい花のギフトにじわじわと注目が集まっています。

そしてオーダーの増加によってその小さな店が手狭になり、現在の2号店を開くに至ったそうです。
2号店はmugihana 2nd(Flower)、東京都渋谷区上原1-36-14です。

営業時間 お問い合わせください
URL http://www.mugihana.com/
  • すてき 0
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

この記事のライター

植物生活編集部
植物生活編集部

「植物生活」とは花や植物を中心とした情報をお届けするメディアです。 「NOTHING BUT FLOWERS」をコンセプトに専門的な花や植物の育てかた、飾り方、フラワーアート情報、園芸情報、アレンジメント、おすすめ花屋さん情報などを発信します。