植物生活編集部 植物生活編集部 2017/01/09

グリーンを買いに、まるで植物園のような魅力的なお花屋さんへ [京都]

cotoha -Plants & Antiques- コトハ

 
京都の名勝である二条城近く、
大通りから少し入ったところに位置する植物店「コトハ」。
ツタの這う倉庫のような建物の1階は花店とカフェ、
そのいちばん奥の細く少し急な階段を上がると一気に目の前にグリーンが表れます。
明るくて広くて暖かくて、聴こえるのは鳥のさえずり。
このジャングルのような美しい空間を埋め尽くすのは、
ダイナミックな生命の息吹を感じる植物たち。
それらは「自分の目で見たもの」を仕入れることにこだわり、
沖縄の生産者を直接訪ねて一つひとつと向き合いながら選ばれたもの。
曲がりや枯れなど、素直に生きる植物の姿により深い愛着がわいてきそうです。

まるで植物園!?




枝が真っ直ぐ育たなかったものなど、
本来ならば商品として成り立たないような枝振りのものにも目を向け、
自立するように仕立てて商品として販売しています。
それが、既製品にはない、植物のありのままの姿を楽しめると好評。
普段見慣れた植物の違う一面を見ることもでき、
生き物らしさを感じることができます。
 


頼りになる植物相談室

コトハは購入後のアフターサービスもしっかりしています。
希望者は無料登録するだけで、
植物に関する悩みを店に電話やメールで相談できるという
会員制のサービスを行っています。
また販売時には、購入者が植物を育てることになれている場合は
育て方や性質などを詳しく説明し、
逆に植物をあまり育てたことがなさそうな人には、
店で手作りした植物の基本的な育て方のメモを渡すなど、
相手に応じた接客を心掛けています。
こだわって仕入れた植物を、長く楽しんでほしいという想いが感じられます。
 






店で考案したオリジナル商品もチラホラ






cotoha 統括部長 春日貴幸さん。
もともとホテルでシェフをしていたが、
そのときにコーヒーと植物の組み合わせの可能性に目覚めて植物の世界に。あふれ出る植物愛でコトハを切り盛りし、日々の実務だけでなく実験的なプロジェクトも進める。物腰穏やか。
 
text & photo 月刊フローリスト 撮影/タケダトオル
 
訪れたお花屋さん 
cotoha -Plants & Antiques- (コトハ)
住所:京都府京都市中京区西ノ京職司町67-38
営業時間:11:00~18:00 不定休 
http://www.cotoha.me

この記事のショップ

ツタの這う倉庫のような建物の1階は花店とカフェ、そのいちばん奥の細く少し急な階段を上がると一気に目の前にグリーンが表れます。明るくて広くて暖かくて、聴こえるのは鳥のさえずり。このジャングルのような美しい空間を埋め尽くすのは、ダイナミックな生命の息吹を感じる植物たち。それらは「自分の目で見たもの」を仕入れることにこだわり、沖縄の生産者を直接訪ねて一つひとつと向き合いながら選ばれたもの。曲がりや枯れなど、素直に生きる植物の姿により深い愛着がわいてきそうです。

営業時間 11:00~18:00
定休日 不定休 
URL http://www.cotoha.me
  • 0
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

この記事のライター

植物生活編集部
植物生活編集部

「植物生活」とは花や植物を中心とした情報をお届けするメディアです。 「NOTHING BUT FLOWERS」をコンセプトに専門的な花や植物の育てかた、飾り方、フラワーアート情報、園芸情報、アレンジメント、おすすめ花屋さん情報などを発信します。