植物生活編集部 植物生活編集部 32ヶ月前

自由なアイデア大歓迎、 どこに貼ってもいいんです! [東京]

Pacos パコス

 
壁や窓など、自分の好きな場所に貼って楽しむ「ウォールフラワー」。
円形に貼ればリースになり、洗面所の鏡に飾ればかわいいワンポイントに。
現在SMLの3サイズが展開中だそうです!
同じ製品であっても、花の種類や表情が違うために、
ひとつとして中身が同じものは存在しません。
デザイナーの細貝泉さんは、
「貰った人が自由に組み合せることで、面白く使ってもらえれば」と話します。
ギフトとして大きな可能性を秘めた商品です。

フラワーデザイナー細貝泉さんが考案し、
2014年9月に販売を始めたウォールフラワー。
ドライフラワーとプリザーブドフラワーを、
独特なセンスでパッケージしたこの商品は、
世代を問わず受け入れられているそうです。
贈り物にも万能ですが、
自分用のご褒美ギフトとしてまとめ買いしていく人もいるのだとか。
結婚式の装飾などで使用した花を貰い受けて再利用することも。
提供してくれた新郎新婦には、
後日その花で作ったミニブーケを無料で贈るサービスなども行っています。
花は廃棄されることなく利用されるし、
思い出もドライフラワーとして残り続けるので画期的なアイデア!
 

すてきな商品まだまだあります

 
彩りとともに、香りも詰め込みました。
ロックソルトポプリは、花のアレンジとアロマの香りを楽しめる、
パコスのオリジナル商品。
現在6色の香りが展開しています。
使い方は、インテリアとしてそのまま飾ってもよし、
好きな器に取り出してもよし。
香りは約1~2ヶ月持続しますが、
来客があったときや夜のリラックスタイムにだけ蓋を開けるようにすれば、
もう少し長く楽しめそうです。
ポイントは空気の浄化作用をもつヒマラヤ岩塩。
クリアな色と、ドライフラワーのマットな色合いが絶妙にマッチしており、
香りが無くなったあとも雑貨として飾っておけます!









 
text & photo 月刊フローリスト 撮影/徳田 悟
 
うかがったお花屋さん
Pacos パコス
住所:東京都目黒区青葉台2丁目21-13
http://pacos.sakura.ne.jp/

この記事のショップ

  • すてき 0
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

この記事のライター

植物生活編集部
植物生活編集部

「植物生活」とは花や植物を中心とした情報をお届けするメディアです。 「NOTHING BUT FLOWERS」をコンセプトに専門的な花や植物の育てかた、飾り方、フラワーアート情報、園芸情報、アレンジメント、おすすめ花屋さん情報などを発信します。