植物生活編集部 植物生活編集部 23ヶ月前

30年の技術と勘、行き届いた仕事が売りのお花屋さん [高知]

hanamizuki ハナミズキ


店舗の動線部分には生花を置かず、雑貨やオブジェでお客様の目を楽しませている。
吹き抜けの2階部分にはレッスンスペースがあります。
 
高知市内をコトコト走る路面電車を、はりまや橋停留所で降ります。
ここは市内交通の中心部でありながら、
一歩路地へ入るとどこか懐かしさのある、のどかな通りが続きます。
ゆっくりした時間が流れる不思議な町並みにふと現れたガラス張りの外観と、
オレンジ色の看板がハナミズキの目印です。
店舗は奥に長い構造となっており、外からの光が差し込む入口付近と、
店舗奥のキーパーに花のストックがあります。
 
都市部の花店に比べると、
店舗面積に比して生花が少ないように感じるかもしれない。
けれどもオーナーの浜川典利さんによれば、
地方で経営していくには必要な量を必要なだけ仕入れることが重要だと言い、
その分工夫も凝らしています。
「せっかく来てくれたお客様に少しでも楽しい思いをしてほしい」と、
ドライフラワーのアレンジメントや自作のオブジェなどで賑やかさを演出しています。
 
浜川さんは高知市で店をオープンして30年。
大学を卒業後、大阪と東京での花店勤務を経て23歳で開業し、
2003年からこの場所に店を構えています。
開業当時は、草月流の講師であった母の指導や独学での勉強、
毎日の実務を通して花の技術を磨いていったと言います。
現在は奥様と二人で店を切り盛り。
オフィス街にも近いため、お客様の年齢層はさまざま。
 
2016年12月頭には高知市のギャラリーで、
器作家イバタカツエさんとのコラボレーション展示を開催しました。
知人から話を持ち掛けられた当初は断るつもりでいたらしいのですが、
「この作家の器には、ぜひあなたに生けてほしい」と言われ、
2015年夏に出展を決意。
1年半後に展示が実現しました。
 
その手にかかればどんな個性の強い色や花でも、
美しさを引き出してくれます。
地方にあって30年、留まることを知らないベテランの技を見ました。

唯一無二の色感覚で攻める!


男性向けに制作したアレンジメント。
メインとなっているのは原色の花ではありますが、
ドライ花材をわずかに組み入れてシックさを表現し、年代を問わず贈れるギフトに。
商品は全国への発送も行っています。
使っている花:バラ(サムライ、ベビー ロマンティカ、カタリナ)、ホオズキ(ドライ)、キク、ヒヤシンス、ノイバラ(実)、ハナナス(実)、シルバーブルニア(ドライ)、コニファー‘ブルーアイス’。

Q.SNSの活用方法は?

撮った写真をインスタグラムにあげています。
海外のフォロワーの反応が見られることが面白いです。
外国語圏の人からコメントを頂いた際、
言葉がわからない時には絵文字でやりとりをしています。
(浜川さん)






賑やかさを演出するディスプレー



カトレアとバラのブーケ


女性に贈るブーケ。カトレアは、主張が強くなりすぎないように
同系色の花を周りに配しつつも、個性を生かしています。
使っている花:カトレア、バラ(スウィートアヴァランチェ+、カイリー、センティッド ジュエル)、カーネーション‘ヒプノシス’、ダスティーミラー、シャリンバイ。

Q.インスタグラムの意外な反応は?

花の写真も反応は大きいのですが、
ネコの小雪ちゃんの投稿も人気でした。
主人は他のネコたちには懐かれておりませんが、
小雪ちゃんだけは懐いているのでメロメロなんです。
(佳子さん)
 
text & photo 月刊フローリスト 撮影/宮脇修三

 
伺ったお花屋さん
名前:浜川典利 Noritoshi Hamakawa
プロフィール:hanamizukiのオーナー。
右は、奥様の佳子さん。共にオランダへ花の勉強をしに行くなど、仲睦まじい雰囲気です。
1987年に店舗をオープン。
生け込みやウェディング、イベントでの会場装花などで活躍中。
お店:hanamizuki ハナミズキ
住所:高知県高知市堺町5-14
営業時間:11:00~19:00
定休日:日曜日 ※予約状況によっては開店する日もあるため問い合わせを。
https://www.instagram.com/ha732ki/
https://twitter.com/ha732ki
https://www.facebook.com/ha732ki
http://ha732ki.com/

この記事のショップ

1987年に店舗をオープン。生け込みやウェディング、イベントでの会場装花などで活躍中。

営業時間 11:00~19:00
定休日 日曜日 ※予約状況によっては開店する日もあるため問い合わせを。
URL http://ha732ki.com/
  • すてき 0
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

この記事のライター

植物生活編集部
植物生活編集部

「植物生活」とは花や植物を中心とした情報をお届けするメディアです。 「NOTHING BUT FLOWERS」をコンセプトに専門的な花や植物の育てかた、飾り方、フラワーアート情報、園芸情報、アレンジメント、おすすめ花屋さん情報などを発信します。