植物生活編集部 植物生活編集部 17ヶ月前

ユニークな多肉植物を買いにいこう [東京]

TOKY (トーキー)

 
東日本橋駅、馬喰横山駅から徒歩3分ほどの
ビルの一室で1カ月に数日ほどオープンする
多肉植物を扱う店「トーキー」。
 
オープン当初はコーデックス(塊根植物)がメインでした。
現在ではアロエ、アガベ、サンセベリアなど
多肉植物全般を取り扱っています。
 
店名に込められた意味の一つに
「東京から発信する植物のスタイル(Tokyo Plants Style)」
があります。
 
大きな観葉植物が置けない家でも日当たり、
風当りが十分なら2~5号ほどの鉢でコンパクトに植物を楽しめます。
小さな特別な鉢に植物を入れることで
生活が豊かになれば、と考えています。
 
流行や見た目のかっこよさだけで植物を選ぶのではなく、
それぞれの植物に見える青や白といった
微妙な色合いやディテールを対面で伝え、
新たな魅力に気づいてもらえるようにしています。

生活を豊かにする鉢と植物の組み合わせ



こだわりの鉢、グッズ



さまざまな植物が並ぶ店内



Q.多肉植物をきれいに育てるポイントは?

日光と風が重要な多肉植物。
原産国では岩場や水の無い過酷な環境に生きて
エネルギーを株に溜め込むので、
その厳しい環境を疑似的に再現するときれいに育ちます。

Q.鉢がいろいろありますね!

気になった陶芸家さんには積極的に声を掛けていて、
現在は15人くらいの作家の人と鉢を作ったり、
製品化に向けてやりとりをしています。
製品化には半年~1年くらいかかります。

うかがったお花屋さん
名前:藤原連太郎 Rentarou Fujiwara
アートディレクター、デザイナー。神谷真由美さんとともに2014年にネットストア「トーキー」を立ち上げ、2016年2月に実店舗をオープンしました。
お店:TOKY トーキー
東京都中央区東日本橋3-3-17 RE-KNOW東日本橋5C
営業時間:12:00~19:00
営業日:不定期(営業日はHPで確認を)
https://www.instagram.com/toky.jp/
https://twitter.com/toky_jp
https://www.facebook.com/toky.jp
 
text/月刊フローリスト 撮影/岡本譲治

この記事のショップ

東日本橋駅、馬喰横山駅から徒歩3分ほどのビルの一室で1カ月に数日ほどオープンする多肉植物を扱う店「トーキー」。
オープン当初はコーデックス(塊根植物)がメインでした。現在ではアロエ、アガベ、サンセベリアなど多肉植物全般を取り扱っています。

店名に込められた意味の一つに「東京から発信する植物のスタイル(Tokyo Plants Style)」があります。

営業時間 お問い合わせください
  • すてき 0
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

この記事のライター

植物生活編集部
植物生活編集部

「植物生活」とは花や植物を中心とした情報をお届けするメディアです。 「NOTHING BUT FLOWERS」をコンセプトに専門的な花や植物の育てかた、飾り方、フラワーアート情報、園芸情報、アレンジメント、おすすめ花屋さん情報などを発信します。