植物生活編集部 植物生活編集部 16ヶ月前

円熟した優美を楽しめるお花屋さんのおしゃれ空間 [岐阜]

おしゃれ満載 生花とインテリア小物と服とアクセサリー♪

 
とあるビルの1階に、重厚な鉄製の扉があり、古くからあった建物を改装したショップが、「nii-B(ニービー)」。
店内は、生花や鉢物の販売はもちろん、食器や花瓶などの日用品から、
洋服、アクセサリー、オーガニック系のスキンケア用品まで、
女性が楽しくなるような「おしゃれ」要素が幅広く集められています。
店名のニービーは、鉛筆の濃さを表す「2B」から取りました。
まさに知る人ぞ知る店。
若い女性の来客は絶えず、ニービーは花を買う楽しさ、それを生活に取り入れることの喜びを教えてくれます。
 

商品のブーケには工夫がいっぱい







「円熟した優美」のコンセプトにあうデザイン


 
参考価格:5,000円(税抜)。
◎花材/カーネーション、シャリンバイ、アイビー‘フリルブラウン’、サフラン、ほか
※注文に合わせて花材を仕入れるため、大きなアレンジメントやブーケは2日前までに予約を。
 

洋服と雑貨もセンスよくディスプレー



細かいところにもにくい工夫が





ドライ花材で作ったスワッグ












 
text & photo 月刊フローリスト 撮影/岡本修治
 
 
うかがったお花屋さん
nii-B ニービー
名前:小木曽めぐみ Megumi Kogiso
プロフィール:「ニービー」店長。岐阜市に花店「カラカラン」をオープン。その後、 2009年に作った新店舗がニービー。2014年にカラカランとニービーを統合して現在の形になっています。
住所:岐阜県岐阜市美園町4-13 カクダ第2ビル2F 営業時間:11:00~20:00
定休日:木曜日 TEL&FAX:058-215-7099
http://nii-b.com/
https://www.instagram.com/niib_flower
https://www.facebook.com/niib.japan

この記事のショップ

とあるビルの1階に、重厚な鉄製の扉があり、古くからあった建物を改装したショップが、「nii-B(ニービー)」。店内は、生花や鉢物の販売はもちろん、食器や花瓶などの日用品から、洋服、アクセサリー、オーガニック系のスキンケア用品まで、女性が楽しくなるような「おしゃれ」要素が幅広く集められています。店名のニービーは、鉛筆の濃さを表す「2B」から取りました。まさに知る人ぞ知る店。若い女性の来客は絶えず、ニービーは花を買う楽しさ、それを生活に取り入れることの喜びを教えてくれます。

営業時間 11:00~20:00
定休日 木曜日
URL http://nii-b.com/
  • すてき 0
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

この記事のライター

植物生活編集部
植物生活編集部

「植物生活」とは花や植物を中心とした情報をお届けするメディアです。 「NOTHING BUT FLOWERS」をコンセプトに専門的な花や植物の育てかた、飾り方、フラワーアート情報、園芸情報、アレンジメント、おすすめ花屋さん情報などを発信します。