植物生活編集部 植物生活編集部 15ヶ月前

ジャンクなワイルド感たっぷり [富山]

and Deco flower design  アンド デコ フラワーデザイン 

 
富山駅北口から徒歩10分程度シックなブルーの2階建ての戸建てが「アンド デコ」。
オーナーの中居祐介さんは高岡市出身で高岡市内の花店で働いた後、
独立するなら富山市でとの思いで、この地にショップを2012年10月にオープン。
 
以前はネイルサロンだった物件を、自ら床貼りから行い、
1階はショップ、2階はレッスンを行うスペースならびに倉庫として利用されているそうです。

 

店内奥からの様子。異なる質感の木の素材感と植物をうまく生かしています。
 
 

エントランス近くの窓際にはいくつもの麻ひものハンギングが吊るされています。
 
 
 
「自然の素材が好き」と語る中居さんの言葉通り、
店内は木のぬくもりを存分に感じられる空間。
木の質感を生かしたシンプルな大きな鉢や花器が店内の中心には置かれ、
整えられたディスプレーでありながらワイルドな雰囲気が漂う空間に。
 
天井から吊るされた植物や麻ひものハンギングなど植物との相性がよいものがセレクトされ、
足を踏み入れると外国にやってきたような世界観。

店内の中心の木のテーブルには枝でできた鉢カバーや枝のオブジェなどが並びます。
天井にはネットが置かれ、吊るしやすい工夫がなされていました。
 
 

さりげなく置かれたようなエアプランツも雰囲気たっぷり。
 
 
 
夏には観葉植物が店内には増え、さながらジャングルのような光景になるそうです。
甘さのない雰囲気ですが、そこに色鮮やかな生花が入ると非常に引き立ちます。
アーリーアメリカン風の色使いの花器も合わせてディスプレーされていて、まさに異国情緒たっぷり。
ゆったりとした時間が流れていきます。

 

カウンター横の窓にさりげなく吊るされているドライフラワーのブーケ。
 
 

レジと作業場を兼ねた大きなカウンター。茶色の壁に掛けられた絵も印象的です。
 
 

個性的でユニークな花器もありました。
 
 
 
生花は店内奥のストッカーに入っており、ポップな色が好きだと話す中居さんらしく、
ビビッドカラーの花が数多く並んでいます。
作り置きのブーケやアレンジメントなどは用意しておらず、オーダーが入ってからの制作。
来店の人も多いですが、電話での注文なども増えているそうです。
 
メッセージカードコーナーを設けたり、子供向けブーケにはキャンディーを入れるなど、
お客様が喜ぶための工夫を常に考えています。
現在はギフトが多いですが
装飾などの仕事も多く承ります!とのことです。
 
 

人気の商品はラウンドのブーケ。ラッピングはグレーや白のワックスペーパーで包んでいます。想定販売価格2,000円。
 
 

レジ横に備えられているメッセージカードを記入できるスペース。カードと色鉛筆が用意されています。
 
 

カウンター下にディスプレーされているショップのオブジェもカラフル。
 
 

明るく快活なオーナーの中居祐介さん。
これからも、花の個性と美しさを引き出すような仕事をしていきたいとお話ししてくださいました。
 
text & photo 月刊フローリスト 写真/佐藤和恵
 
 
伺った花屋さん
and Deco flower design ( アンド デコ フラワーデザイン )
住所:富山市奥田双葉町1-35 
営業時間:10:00~19:00
定休日:火曜日・第3日曜日 
http://www.anddeco.com/
 
 

この記事のショップ

富山駅北口から徒歩10分程度シックなブルーの2階建ての戸建てが「アンド デコ」。

オーナーの中居祐介さんは高岡市出身で高岡市内の花店で働いた後、独立するなら富山市でとの思いで、この地にショップを2012年10月にオープン。

以前はネイルサロンだった物件を、自ら床貼りから行い、1階はショップ、2階はレッスンを行うスペースならびに倉庫として利用されているそうです。

営業時間 お問い合わせください
URL http://www.anddeco.com/
  • すてき 0
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

この記事のライター

植物生活編集部
植物生活編集部

「植物生活」とは花や植物を中心とした情報をお届けするメディアです。 「NOTHING BUT FLOWERS」をコンセプトに専門的な花や植物の育てかた、飾り方、フラワーアート情報、園芸情報、アレンジメント、おすすめ花屋さん情報などを発信します。