植物生活編集部 植物生活編集部 30ヶ月前

レトロナチュラルに心ほっこり! [富山]

花屋 nico

 
富山駅から車で10分程度南下した住宅地にある「花屋 ニコ」は、
マンションの1階の商業スペースの一角にあります。
 
ゆったりと広い店内には生花、苗物、観葉植物、プリザーブドフラワーのほか、
古道具屋や雑貨など、数多くの商品が並んでいました。
 
オーナーの深浦裕子さんは高岡市内、富山市内の花店で10年近く働いた後、2011年9月に独立開業。
「自分がやってみたいと思う花屋さんを開いたんです」と優しくお話ししてくださいました。
勤めていた頃から県内や名古屋の花店を回ったり、レッスンに習うなどして若干29歳にて夢を実現されました。

 

ショップ外観。大きな窓が特徴的です。
 
 

店内中央には開店祝いにも人気がある観葉植物の鉢をまとめて見せています。
小さな鉢は古い机の引き出しに入れてディスプレー。
 
 

縫い糸が入っていた昔の木箱や料理用の古いバットを鉢のディスプレートレーに。
 
 
 
季節の草花が好きで、仕入れによってはストッカーが野趣あふれる様子になるそうですが、
春のギフトシーズンにはかわいらしさと華やかさのある花が多くなります。
深浦さんの世界観に共感した同世代の女性のお客様が多く、女性のお客様が8割以上だそうです。
生花の商品はオーダーメードのみですが、リピーターのお客様は電話でのオーダーがほとんどだそうです。
3,000~5,000円くらいの価格帯のラウンドブーケが人気商品。
プリザーブドフラワーの人気も高く、最近はアレンジメントよりも
リースや写真立てなどをお求めになるお客様が増えているとのこと。
 
店内はゆったりとした広さのため、定期的に10名程度のレッスンも開催しています。
丁寧で優しいレッスンは人気があり、生花に限らず、
プリザーブドフラワーや季節ごとの子供向けのキッズレッスンなども行っているそうです。
 
 

店内奥には安定した人気のあるプリザーブドフラワーのコーナー。
値ごろ感のある3,000円からの商品が並びます。
 
 
 
以前から好きで集めていたという古いミシン台やレトロな雑貨などを素敵に組み合わせた
店内ディスプレーは思わず「かわいい!」と声が出てしまう愛らしさです。
壁に取り付けられたネットを使ったディスプレーなども工夫がいっぱい。
ひっそりとユニークなものが植物の中に隠されているので、
宝探しのようにいろいろ発見する楽しみもあります。
 
 





エントランスを入った正面にある、テーブルとステンレスの作業カウンター。
窓側の壁はディスプレーに。
作業カウンター側の壁は利便性よく道具類や資材をディスプレーしながら収納していました。
 
 

料理用の鍋に入った鉢の後ろには、レトロな鉛筆削りがこっそりと。
他にも店内のあらゆるところに、楽しくなる仕掛けやディスプレーがいっぱい。
 
 

明るい笑顔が魅力的なオーナーの深浦裕子さん。
 
 
 
伺ったお花屋さん
 
お店:花屋 nico ( ハナヤニコ )
住所:富山市新根塚町1-1-50 
営業時間:10:30~18:00 
定休日:水曜日 
http://nico878.com/
 
 

この記事のショップ

富山駅から車で10分程度南下した住宅地にある「花屋 ニコ」は、マンションの1階の商業スペースの一角にあります。

ゆったりと広い店内には生花、苗物、観葉植物、プリザーブドフラワーのほか、古道具屋や雑貨など、数多くの商品が。生花の商品はオーダーメードのみ。

3,000~5,000円くらいの価格帯のラウンドブーケが人気商品。

プリザーブドフラワーの人気も高く、最近はアレンジメントよりもリースや写真立てなどが人気だそうです。

営業時間 お問い合わせください
URL http://nico878.com/
  • すてき 0
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

この記事のライター

植物生活編集部
植物生活編集部

「植物生活」とは花や植物を中心とした情報をお届けするメディアです。 「NOTHING BUT FLOWERS」をコンセプトに専門的な花や植物の育てかた、飾り方、フラワーアート情報、園芸情報、アレンジメント、おすすめ花屋さん情報などを発信します。