植物生活編集部 植物生活編集部 2017/04/12

野生的かつ、エレガント [大阪 ]


白い花で春を表現 ディスプレー
ヒヤシンスとラナンキュラスをメインに白い花をふんだんに使い、そのハーモニーで春を感じさせる花束。チューリップで動きを出し、エアープランツなどさまざまなグリーンを合わせてダイナミックに仕上げた。紅葉ツバキとユーカリでメカニックを作り、そこにほかの花材を差し込み束ねている。想定販売価格20,000円。使っているお花:ラナンキュラス、チューリップ、ヒヤシンス、スイートピー、バラ“フェアビアンカ” 、アジサイ、チランジア、パフィオペディルム、マメの花、スイートピー、紅葉ツバキ、ベゴニア、ユーカリ、ゼラニウム

SQUARE スクェア

大阪市営地下鉄中央線の九条駅から
徒歩5分の場所にある「スクェア」。
コンクリートの壁と木のぬくもりが馴染んだ
シックでアンティークな雰囲気の店内には、低くジャズが流れます。
オーナーフローリストの村佐時数さんは
20年間異業種のサラリーマンを勤めたのち、
好きで習っていた花で独立開業をしたいと退職。
市内の花店数店で修業をし、この地に店を開いたそうです。
 
店の認知度を高めるため、フラワーレッスンと店舗業務を同時にスタート。
村佐さんは、フラワーデコレーターとして師範の資格を持ちます。
理論に基づいた的確なレッスン内容に加え、
扱う花が少し変わっていたり、
独創性のあるデザインが口コミで評判を呼んでいます。
 
現在はレッスン、店売り、生け込み、ウェディングブーケ制作など
幅広い業務を1人で行っています。
 
 野性的かつエレガントで、
ヨーロピアンスタイルのシックな色合わせ・花合わせを得意とする村佐さん。
今回作っていただいた花束からもその個性が感じられます。
地元客のほか、スタイリストなどからも支持も高い店です。


可憐なパンジーを豪華に束ねる 誕生日

パンジーにスイートピーを合わせて紫の色調で統一し、可憐な春の花を大人っぽく見せる花束。40代の大人の女性に贈るイメージで制作。グリーンはフリル状の葉が花とのつながりでケールを選択。色が少し重いので羽根をグルーで貼り付け、軽やかさとインパクトを出した。想定販売価格10,000円。

Flower&Green

パンジー、スイートピー、ケール

















text & photo  月刊フローリスト  写真/タケダトオル
 
伺ったお花屋さん
お店:SQUARE スクェア
住所:大阪府大阪市西区九条1-1-1 K'sコート1F
営業時間:10:00~19:00
定休日:不定休
https://www.facebook.com/tokikazu.murasa?fref=ts
 

この記事のショップ

大阪市営地下鉄中央線・九条駅から徒歩5分の場所にある「スクェア」。コンクリートの壁と木のぬくもりが馴染んだシックでアンティークな雰囲気の店内には、低くジャズが流れます。オーナーフローリストの村佐時数さんは20年間異業種のサラリーマンを勤めたのち、好きで習っていた花で独立開業をしたいと退職。市内の花店数店で修業をし、この地に店を開いたそうです。店の認知度を高めるため、フラワーレッスンと店舗業務を同時にスタート。村佐さんは、フラワーデコレーターとして師範の資格を持ちます。理論に基づいた的確なレッスン内容に加え、扱う花が少し変わっていたり、独創性のあるデザインが口コミで評判を呼んでいます。
現在はレッスン、店売り、生け込み、ウェディングブーケ制作など幅広い業務を1人で行っています。野性的かつエレガントで、ヨーロピアンスタイルのシックな色合わせ・花合わせを得意とする村佐さん。今回作っていただいた花束からもその個性が感じられます。地元客のほか、スタイリストなどからも支持も高い店です。

営業時間 10:00~19:00
  • 0
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

この記事のライター

植物生活編集部
植物生活編集部

「植物生活」とは花や植物を中心とした情報をお届けするメディアです。 「NOTHING BUT FLOWERS」をコンセプトに専門的な花や植物の育てかた、飾り方、フラワーアート情報、園芸情報、アレンジメント、おすすめ花屋さん情報などを発信します。