植物生活編集部 植物生活編集部 17ヶ月前

植物の「野生美」をテーマにしたオープン日限定のショップ&アトリエ [東京]

Iria イリア

アイリスの古代の呼び名である Iria(イリア)。
植物の「野生美」をテーマに、空間・物・人をスタイリングしている
田野崎幸さんのショップ兼アトリエの名前です。
店内はシンプルでありながらも随所にこだわりが施され、
濃密な世界観が広がっています。
田野崎さんは、
フラワースタイリングやレッスン、ワークショップだけにとどまらず、
ペイントなど幅広く活動。
またPV撮影など他業種とのコラボレーションにも積極的です。
1人ですべての業務を行っているため、
ショップの開業日は月に10日前後ですが、
遠方からわざわざ足を運ぶお客様が増え、
多くのファンを魅了しています。




陶芸家のnana kamioさんの器




田野崎さんが特に惚れ込んでい るのが、こちらの白いボトル。
温かみのあるフォルムと表情の豊かさが魅力的。
一輪 挿しとしても、そのままディスプレーとしても長く楽しめそう。
(不定期入荷の為 無い場合有。内容も変動します)
 
 

ブーケ拝見


友人、知人から口コミでオーダーが増えているブーケ。
植物の野生美をテーマにした作風は
ギフトとしても自宅用としても人気。
花の香りフォルムなど素材にこだわったIria らしい商品。
参考価格:オーダーに応じて。 
 

伺ったフローリスト
田野崎 幸 Sachi Tanosaki
プロフィール:17歳から花の道へ。地元北海道で経験を積んでから上京。独立してからは周りの人に恵まれていることを日々感じると話す。花の仕事だけでなく、ヘアメイクやイラストなど幅広い表現方法で作品を制作してお り、現在もショップ業務にとどまらず、レッスンや商品開発、ブランディングの仕事など多方面で活躍中。 
 
ショップ兼アトリエ:iria イリア
東京都世田谷区等々力3-21-22 1F
http://iria-sachitanosaki.com/ 
 
text&photo 月刊フローリスト 撮影/加藤達彦

この記事のショップ

アイリスの古代の呼び名である Iria(イリア)。

植物の「野生美」をテーマに、空間・物・人をスタイリングしている田野崎幸さんのショップ兼アトリエの名前です。店内はシンプルでありながらも随所にこだわりが施され、濃密な世界観が広がっています。

田野崎さんは、フラワースタイリングやレッスン、ワークショップだけにとどまらず、ペイントなど幅広く活動。またPV撮影など他業種とのコラボレーションにも積極的です。

1人ですべての業務を行っているため、ショップの開業日は月に10日前後ですが、遠方からわざわざ足を運ぶお客様が増え、多くのファンを魅了しています。

営業時間 お問い合わせください
URL http://iria-sachitanosaki.com/?
  • すてき 1
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

この記事のライター

植物生活編集部
植物生活編集部

「植物生活」とは花や植物を中心とした情報をお届けするメディアです。 「NOTHING BUT FLOWERS」をコンセプトに専門的な花や植物の育てかた、飾り方、フラワーアート情報、園芸情報、アレンジメント、おすすめ花屋さん情報などを発信します。