植物生活編集部 植物生活編集部 2017/08/18

首都オスロの高級住宅街に佇む目利きオーナーのセレクトショップ [ノルウェー]

北欧のすてきな花屋さん ノルウェー オスロ

ノルウェーの首都。ヴァイキングの王ハラールによって築かれたとされています。
ノルウェー東部にあり、オスロフィヨルドの最奥に位置。
人口は約61万人、ノルウェーの中でも群を抜いた人口密度です。
お洒落でモダンなカフェやレストラン、ショップのほか、
『叫び』でおなじみのムンク美術館や国立美術館、オスロ大聖堂など芸術的な見どころも多くあります。
街の三方を山に囲まれていて自然を感じることもできる都市です。
 
 

MINA MILANDA ミーナ ミランダ


メインストリートから中庭に入ったところにある、ひっそりと佇むお花屋さん。
窓際にかわいいポットが並んでいます。
 
 

店へのアプローチにキャンドルのデザイン。
 
 

店のメインカラーは白。光と影の演出にこだわりを伺えます。
 
 
オスロの閑静な高級住宅街フログナー。
その静かな街に、静かに佇むのが「ミーナ ミランダ」
オーナーのアネ・ミーナさんが2009年、
「ブロムスター アトモスファーレ ショリスト」に続き、2店舗目としてオープンしました。
 
「パリやミラノのファッション界からのインスピレーション」が店作りのコンセプト。
切り花や鉢物だけではなく、インテリア、エクステリア商品の品揃えも多く、
インテリアと花のコラボレーション、もしくはインテリアと花のコントラストを提案しています。
 

取材時の切り花のコレクションは、やさしいピンクと白。
 
 

カスミソウはインテリア、エクステリアの商品とともに展示。
 
 
「ファッション界でコレクションの発表があるように、
花を仕入れる時にはフラワー・コレクションを作っています。週に2回花を仕入れるので、
週の初めと終わりにいらっしゃるお客様は2つのコレクションを楽しめます」とアネ・ミーナさん。
「お店のメインカラーは白ですが、花の色で変化を持たせるので黄色やピンク、ブルーの花なども最近は揃えています。
グリーンはテクスチャーの異なるものを数種類いつも揃えるようにしています」と言うのは、
ショップリーダーのイングリ・スノエン・ベルグさんです。

 

壁に取り付けた花器にドライの素材をデザイン。
 
 

店へのアプローチにあった、カーネーションの花びらを生かしたデザイン。
 
 
アイテム揃えのポリシーは「テクスチャーが異なるもの」
商品は見た目だけではなく、実際に素材を手で触った感覚がとても大切で、
いろいろな素材を組み合わせることで見え方も変わってきます。
マットなもの、光沢があるもの、キャンドル、テラコッタ、カシミア、コットン、ガラスなど、
異なる素材感のものをとことん集めます。中には日本製のオーガニックのタオルまで置いてありました。
素朴、シック、クラシック、スタイリッシュ、クリーンモダン、ミニマリスティックと
お客様の好みがさまざまなので、どんなオーダーにも応えられるように品揃えを幅広くしているそうです。

南フランスのグラースの香水を含んだテラコッタ。とてもよい香りがします。
 
 

キャンドルに切り花をワイヤーでデコレーションした商品。
 
 
インテリア、エクステリア商品はイタリア、フランス、デンマーク、ドイツなどのヨーロッパから、
デザイン性に富んだクオリティの高いものを仕入れているそう。
たとえば大理石の商品はすべて伝統あるイタリア・カッラーラ産を仕入れるなど、
クオリティのリサーチは特に入念に行っていらっしゃるそうです。
品質のよい商品だけではなく作り手の情熱もいっしょに届けたいと、
パリやミラノのフェアで目に留めたハンドメイド商品を仕入れることもあるとのこと。
 

食器や傘など、生花以外にも幅広い品揃え。どれもハイセンス。
 
 

シンプルでモダンな暖炉。
ただのディスプレーではなく実際に店全体を温めてくれます。
 
 

紙バックにはオリジナルロゴを入れて。
 
 
とはいえフランスやイタリアとノルウェーでは文化も気候も異なり、
それらをバックグランドにしたインテリアデザインもおのずと異なってきます。
しかしそこは「イタリアの茶色のテラコッタはとても質がよくデザインも豊富ですが、
ノルウェーやスカンジナビアのインテリアには合わせづらく、
同じイタリアで作られたものでもグレーのポットはノルウェーのインテリアによく合います」という
アネ・ミーナさんの卓越した審美眼によって、この地にぴったりの商品たちが選び抜かれて並んでいるのです。
 
 

オーナーのアネ・ミーナ・リレリエンさん。
 
 
うかがったお花屋さん
オーナー:Anne Mina Lillelien 
アネ・ミーナ・リレリエン
住所:Frognerveien 33  0263 Oslo Norway
電話:+47 40 00 15 05
Eメール: annemina@blomsteratmosfaere.no
 
営業時間:月~金/10:00~18:00 土/10:00~16:00
 
 
text photo 月刊フローリスト
 
 

この記事のショップ

オスロの閑静な高級住宅街フログナー。その静かな街に、静かに佇むのが「ミーナ ミランダ」。オーナーのアネ・ミーナさんが2009年、「ブロムスター アトモスファーレ ショリスト」に続き、2店舗目としてオープンしました。
「パリやミラノのファッション界からのインスピレーション」が店作りのコンセプト。切り花や鉢物だけではなく、インテリア、エクステリア商品の品揃えも多く、インテリアと花のコラボレーション、もしくはインテリアと花のコントラストを提案しています。

営業時間 月~金/10:00~18:00 土/10:00~16:00
  • 0
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

この記事のライター

植物生活編集部
植物生活編集部

「植物生活」とは花や植物を中心とした情報をお届けするメディアです。 「NOTHING BUT FLOWERS」をコンセプトに専門的な花や植物の育てかた、飾り方、フラワーアート情報、園芸情報、アレンジメント、おすすめ花屋さん情報などを発信します。