植物生活編集部 植物生活編集部 2017/12/13

おもしろい!を大切にしたラインナップ



ゴツゴツした流木とオリーブの木、大人の背丈をゆうに超えるサボテンが出迎えてくれる「博物花屋 マニエラ」。
いわゆる花屋のイメージとは違う、刺激的な空間には訪れる人の好奇心を満足させてくれる仕掛けが潜んでいます。
オーナーの大杉隆志さんは、サラリーマン時代を経て、畑違いの花業界に飛び込んだ異色の経歴の持ち主。
「おもしろい!」という新鮮な感覚を重視して集めた植物たちは、癒しや可憐といった花店の常套句とはかけ離れた雰囲気を醸し出しています。
ラッピングも独創的で、布を使ったボックスは、花を引き立てる脇役というよりも花の個性と調和するインパクトある色柄をセレクト。


これから元気な葉が増えていくフランスゴムの木、植物好きな男性へのギフトなら、くしゃくしゃとした風合いのペーパーバッグで包むのもおしゃれ。


箱を開けると、プリザーブドフラワーが立ち上がる!バラ一輪を気軽に贈りたい、男性を応援するため考案されたオリジナルギフト「ザフローラ」。


ウッディな花器やオリジナル布のボックスといった、個性あるセレクトアイテムに負けず劣らず、丈夫な茎で水分をしっかり吸いあげたパワフルな生花が揃う。


その時々のオーナーの気分が反映されるオリジナル布ボックスは、S・M・Lの3サイズ。グレカ=ギリシャ柄の文様が完売した後は、ストライプが登場予定。

●お店:博物花屋 マニエラ   はくぶつはなや マニエラ
●住所:三重県伊勢市船江2-15-17
●営業時間:10:00~19:00
●定休日:火曜日
http://www.maniera.jp

撮影/高見尊裕
 

この記事のショップ

ゴツゴツした流木とオリーブの木、大人の背丈をゆうに超えるサボテンが出迎えてくれる「博物花屋 マニエラ」。
いわゆる花屋のイメージとは違う、刺激的な空間には訪れる人の好奇心を満足させてくれる仕掛けが潜んでいます。
オーナーの大杉隆志さんは、サラリーマン時代を経て、畑違いの花業界に飛び込んだ異色の経歴の持ち主。
「おもしろい!」という新鮮な感覚を重視して集めた植物たちは、癒しや可憐といった花店の常套句とはかけ離れた雰囲気を醸し出しています。
ラッピングも独創的で、はっきりとした柄の布を使ったボックスは花を引き立てる脇役というよりも花の美しさと調和するインパクトあるものを使用。

営業時間 10:00~19:00
定休日 火曜日
電話番号 0596-20-0234
URL http://www.maniera.jp/
  • 0
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

この記事のライター

植物生活編集部
植物生活編集部

「植物生活」とは花や植物を中心とした情報をお届けするメディアです。 「NOTHING BUT FLOWERS」をコンセプトに専門的な花や植物の育てかた、飾り方、フラワーアート情報、園芸情報、アレンジメント、おすすめ花屋さん情報などを発信します。