植物生活

新感覚インテリアグリーン

2017.6.15

新感覚インテリアグリーン

花屋さとうはなみつ フォレスト

北海道札幌市のなかでも閑静な高級住宅街である宮の森にある

「さとうはなみつフォレスト」。

オーナーフローリストの佐藤花光さんが「自分が欲しいものを売りたい」という思いから、

数多くのオリジナル商品の開発と販売を手がけています。

そのひとつが「THE BOTTLE」。

「さとうはなみつ」として初めての生花ではない植物のオリジナル商品で、

2サイズでの展開で手入れが手軽なこともあり、

インテリアグリーンとして自宅用に購入する男性客やギフト商品としても人気です。

 

ぽってりとしたガラスが印象的なジャーの中に広がる小さな世界。

サイズはウィットとミッドの2サイズ。

写真のウィットは、流木と水草のアヌビアス・ナナのみのシンプルなアレンジ。

アヌビアス・ナナは初心者が扱いやすい水草のひとつで、

ショップで水草を流木に巻きつけ根を張らせてから、

制作しています。

ジャーの底に敷いてあるアクアリウム用の土である黒いソイルが

クールな世界を際立たせています。

 

「 T H E B O T T L E 」の商品ポスター。

まぁるい マリモが キュート

北海道民ならずともその姿を見たら名を知らない人はいないマリモ。

植物に詳しくないお客様からも注目を集める商品です。

ウィットより背が高いミッドはアヌビアス・ナナと流木、

そしてマリモの組み合わせ。

クールな世界観の中、丸いフォルムのマリモがかわいらしさを演出しています。

大きめなサイズということもあり、

新築祝いや開店祝いなどに祝い花代わりの用途も多いそう。

気になる水換えは、

ジャーの中で植物が光合成と呼吸をするため、

室温25℃以下なら、2ヶ月以上必要がありません

(ただし、直射日光があたる場所に長時間置いていると藻が発生してくることもあります)。

蓋で密閉しているため、水の蒸発も少ないが水が減ってきたりしたら水道水を注ぎ、

水換えは汚れてきたタイミングで。

 

 

うかがったお花屋さん

花屋さとうはなみつ フォレスト

北海道札幌市中央区宮の森2条6丁目3-8

http://satohana.com/

 

text & photo 月刊フローリスト 撮影/佐藤和恵

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
bdr_01
pagetop