鼻眼鏡 さんからの質問 2018/07/15

先週購入した柱サボテンがいきなり元気が無くて困っています。
店頭で見たときは青々とした緑色だった印象でしたが、今は色あせ、しおれているように感じます。
幹の部分はパンパンとしていて硬いですが、末端の方になると少し痩せて柔らかい感じです。
どうすれば元気にハリのある感じになるでしょうか。
うちに来た際に水を一度だけやりましたが、以降はあげていません。
普段はベランダに出しています。

育て方教えて
  • すてき 0
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

回答1件

  • ozeki さんからの回答 2018/08/22

    店頭で見た際の青色というのは、おそらく今現在管理されている環境が
    店内よりも光線が強いためにサボテンの肌の色が日に焼けて薄くなっているのではと考えられます。
    サボテンとしては本来はそのような色なので、問題ないと思います。
    もし販売されていたときのような色にしたいのであれば、今現在より日陰にて管理してあげると
    色が濃くなってきます。

    もうひとつのご心配の先端部分が痩せて柔らかくなっているということですが
    画像見た感じでは問題ないようにも思えます。
    柔らかくなってきている原因はふたつ考えられます。
    ひとつは日照不足による徒長。いわゆる間延びです。
    柱サボテンは強光線に耐える構造をしていますから、直射日光があたらない環境下では
    柔らかく間延びしていまいます。
    購入されていたお店で水を全く与えていなかったのであればお水を与えたことにより
    成長した部分が痩せて柔らかくなっていると感じられる可能性があります。
    画像見た感じでは徒長しているような雰囲気もないので、単純に成長しているのではないかと思います。
    普段はベランダに出しておられるのであれば真冬までベランダで管理してあげるといいと思います。
    お水は土の表面が乾いていれば下から流れるまでたっぷり与えていただいて構いません。

    もうひとつの原因は根腐れです。株元が腐っていて水を吸えていないという状況で
    先端が柔らかくなることがあります。
    画像では株元が僅かにしか写っていないので判断できかねますが、株元が黒ずんでぐしゃぐしゃに腐っていたら
    かなり危険な状態です。
    その際は、硬い健康な部分で切り取り、十分に乾かしてから挿し木する以外に救済出来ませんので
    水やりは十分に「乾いてから」たっぷり与えてください。
    もし、ベランダでなく室内で長期管理されるならお水は室内では一切与えないでください。
    1年くらいなら無水状態で耐えます。
    健康に育てるのであれば直射日光下で、乾いたらたっぷり与えてください。
    できれば来年の春先に新しい水はけの良い培養土で植え替えてあげるとしっかりしてくると思います。

まだ、解決していません!!質問に回答しよう!
質問に回答いただける場合は下記に回答を入力し回答するボタンを押してください。