psycha 植物生活編集部 3週間前

植物を絡めてつくる、優しいリース

重なり合う枝と蔓の層、その合間から見える実の宝石たち。 見惚れてしまうくらい綺麗に染まった植物の佇まいは秋だからこそ楽しめるものに。 素材の姿を生かしたシンプルなリースは、このままドライになっても飾ることができます。教えてくれた人:谷匡子(ドゥセ)

必要な材料

  • ムラサキシキブ 適量
  • アオツヅラフジ 1〜2本
  • ノブドウ 1〜2本
  • ヤマブドウ 1〜2本
  • コクサギ 適量

作業工程

  • 1

    ノブドウの蔓やコクサギの枝で輪をつくります。植物のつなぎめをワイヤーで巻き留めます。

  • 2

    ①を土台にして、他の蔓を絡めていきます。ここからワイヤーで留める作業は不要に。

  • 3

    このような感じに蔓を絡めます。蔓と蔓の間に縫うように絡めていくと、きちんと固定されます。

  • 4

    ムラサキシキブは適度な長さに切り、輪の流れに添いながら加えます。

  • 5

    全体に散らすようにムラサキシキブの明るい紫が入ると、色に弾みが出てきます。

  • 6

    コクサギも実の部分がよく見えるように、短く切って差し込んでいきます。

  • 7

    仕上げに形を整えたら完成。思うままに植物を絡ませて作った自然のリースは、置いても、掛けても自由に飾れます。

  • 0
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

おすすめレシピ