psycha 植物生活編集部 2021/01/22

作って楽しい!作品アイデア|覚えておきたい基本のリボンの結び方「蝶結び」

シンプルだけれどプラスすればかわいらしいイメージに。さまざまなアレンジに使いやすいので覚えておきたい。

必要な材料

  • リボン 適量

作業工程

  • 1

    リボンを付けたいところにあてて、ループ(輪)の大きさを決める。

  • 2

    ループの中心になる部分を親指と人差し指で押さえる。

  • 3

    片手はリボンを押さえたまま、花束の後ろ側にリボンを回す。

  • 4

    リボンを後ろ側から前に回して交差させる。

  • 5

    親指と人差し指で押さえているリボン(ここでは右手)に、もう片方をくぐらせて斜め上方向に引っぱり結ぶ。

  • 6

    下向き(右手に持っている側)になっているリボンでループを作る。

  • 7

    ループを作ったら、もう片方のリボ
    ンを上から下にかける。この時、しっかりと表側が出るように。

  • 8

    上側のリボンを手前に回して、ルー
    プの下にくぐらせて中心(ここが左右のループの中心になる)を巻く。

  • 9

    後ろから手前にリボンを回し、もう1回転させる。

  • 10

    リボンの表側が出るようにループを作りながら、最初に回したところ(中心の輪)の間に通す。

  • 11

    このように左右にループができればOK。

  • 12

    左右のループに人差し指を引っかけ、2本の足を持って形を整える。

  • 13

    左右の足が同じ長さになるようにハサミで切る。角度も対称になるように。

  • 14

    教えてくれた人/中川 窓和『アーティフィシャルフラワー基礎レッスン』では、初心者からプロまで使える、基本から雑貨や壁面緑化などの作り方までご紹介しています>>https://www.seibundo-shinkosha.net/book/flower/19608/

  • すてき 0
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

おすすめレシピ