psycha 植物生活編集部 17ヶ月前

花束の基本の形とテクニック|基本のラウンドブーケ

現在の花束作りの主流の形がラウンドブーケです。丸いフォルムがコンパクトかつ優しい雰囲気で人気があります。Lesson1 の花束と同様にスパイラルで組んで作りますが、ラウンドブーケの場合は四方すべての面から花が見えることが大きく異なります。またラウンドの角度により、仕上がりの雰囲気が変わります。

必要な材料

  • バラ‘ルミエール’ 適量
  • ガーベラ‘ギャラリー’ 適量
  • パンジー‘フレンチイエロー’ 適量
  • スイートピー 適量
  • ラナンキュラス(白、オーメドック、レオニャン) 適量
  • ゼラニウム‘マーブルチョコ 適量
  • ビバーナム・スノーボール 適量
  • シレネ‘グリーンベル’ 適量
  • ポリシャス 適量
  • レモンリーフ 適量
  • 結束する紐(麻紐やラフィアなど) 適量

作業工程

  • 1

    必要な材料を準備します。

  • 2

    まず、花束のトップになる花を1本選びます。なるべくまっすぐで大きな花が適しています。今回はバラを選びました。基本の花の持ち方は、Lesson1の花束と同様に、親指と人指し指を使って持ちます。他の指は補助的に使います。

  • 3

    親指と人指し指の2本を使って、他の指で茎を軽く支えながらクッションになるポリシャスでバラの周りを囲みます。

  • 4

    パンジーを加えます。花はすべて茎が同じ方向で斜めになるように入れていきます。

  • 5

    ラナンキュラス、バラ、シレネ‘グリーンベル’を加えていきます。④と同様に茎が同じ方向で斜めになるように入れていくことが大切です。また、全体の状態を見ながら隙間にクッションになる花材(ビバーナムやポリシャス)を入れていきます。ラウンドブーケは、ラウンドの角度が緩やかだとかわいらしいイメージになるので、それを頭に入れて形を組んでいきます。

  • 6

    このガーベラのように曲がりのある花材は入れる向きが重要です。この時点では花の顔が上を向くように入れるときれいにラウンドになります。

  • 7

    クッションとなるポリシャスやビバーナムをうまく入れながら仕上げていきます。最初のイメージの大きさに少し近づいたら、ハーブゼラニウムも加えて組んでいきます。写真のような状態まできたら、花束の下をカバーするようにレモンリーフを入れ、「花束の基本の形とテクニック|基本の花束」⑭~⑮同様に、握っていた部分を紐でしっかりと結びます。

  • 8

    『花束の作り方テクニック』(編集: フローリスト編集部)では、ラワーデザインの上達に重要な技術のひとつ、花束の作り方をご紹介しています>>https://www.seibundo-shinkosha.net/book/flower/20021/

  • すてき 0
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

おすすめレシピ