psycha 植物生活編集部 17ヶ月前

花束の基本の形とテクニック|パラレルブーケ

パラレルとは名前の通り、平行を意味し、茎を垂直に束ねて作る手法です。スパイラルに比べて束ねやすく、枝ぶりなど素材の持つラインを美しく見せることができます。アマリリスのスパイラルブーケは背が高く見栄えがするので大きな舞台などでもよく映えます。美しい色のグラデーションと形の面白さ、両方楽しめる花束です。

必要な材料

  • ユーカリ 適量
  • アマリリス 適量
  • ゼラニウム‘マーブルチョコ’ 適量
  • フィロデンドロン 適量
  • アイビー 適量
  • アジサイ‘ユーアンドミー’ 適量
  • トルコギキョウ‘セルシュハニー’ 適量
  • スイートピー‘シルキーピーチ’ 適量
  • バラ‘スイートアヴァランチェ+’ 適量
  • 結束する紐(麻紐やラフィア) 適量

作業工程

  • 1

    必要な材料を準備します。

  • 2

    アマリリス3本を花の下あたりにラフィアを巻きつけて束ねます。そのアマリリスをまとめて垂直に持ちます。

  • 3

    全体の1/3ほどの高さにアジサイの頭が来るように、アジサイを重ねます。アジサイがクッションになるので、最初に束ねると作りやすいです。

  • 4

    アジサイの周りにゼラニウムを重ねます。茎はすべて垂直に入れていきます。

  • 5

    スイートピーを入れます。花の頭が上を向くように入れると生き生きと見えます。

  • 6

    バラを入れます。花はすべて茎をまっすぐに入れていますが、花の性質を利用して組むとラウンドのように仕上がりを丸くすることができます。

  • 7

    トルコギキョウやユーカリなどを入れてさらに丸く作っていきます。

  • 8

    アイビーを花束に巻きつくように入れます。アイビーは少し長めに用意し、先端を花束に埋め込んだりして動きを出します。

  • 9

    アマリリスを中心としたブーケがほとんど完成しました。四方どこから見ても美しい球体に仕上がっています。

  • 10

    花束の裏側をカバーするため、フィロデンドロンを4本入れブーケの下側を囲みます。結束部分から下の茎に麻紐を帯状に巻きつけます。

  • 11

    フィロデンドロンの先端を丸めてホチキスで固定して完成です。

  • 12

    花束の作り方テクニック』(編集: フローリスト編集部)では、ラワーデザインの上達に重要な技術のひとつ、花束の作り方をご紹介しています>>https://www.seibundo-shinkosha.net/book/flower/20021/

  • すてき 0
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

おすすめレシピ