psycha 植物生活編集部 2021/02/27

花束のラッピング|バルーン風ラッピング

丁寧にタックをつけて作ったバルーンように膨らんだラッピング。ちょこんと、顔を出した花束がキュートです。

必要な材料

  • クレープ紙 25cm×76cm
  • 英字新聞  適量
  • 輪ゴム  2本
  • ホチキス 適量
  • フリルリボン 適量

作業工程

  • 1

    必要な材料を準備します。

  • 2

    クレープ紙を白い面を表に横長に置き、手前1cm程度折り上げます。

  • 3

    ②の折った部分をさらに3cm幅で折り上げます。

  • 4

    クレープ紙の左側の③の部分を6cmほど内側へ折ります。

  • 5

    ④の折った部分を外側から5mmのところでホチキスを留めます。

  • 6

    ⑤を折り返して広げます。

  • 7

    ⑥の開いたところから6cmほどを軽く折り、折り線をつけます。

  • 8

    ⑦で印をつけたところで、

  • 9

    折った部分を外側から④同様にホチキスで留めます。

  • 10

    ⑥~⑨を繰り返し、約5.5㎜幅のタックを写真のように作ります。最後のタックの長さが合わないこともありますが、包むときに重なるので問題ありません。

  • 11

    クリーム色の面を内側にし、花束を2cmほど頭が出るよ置きます。クレープ紙の下部分は花束の保水部分の下1cmほどでカットします。

  • 12

    花束を包み、花束の直径にわずかに余分がある程度でクレープ紙を重ね、その重なりをホチキスで留めます。花束を上からそっと抜きます。

  • 13

    筒状にした⑫のタック部分を左手で持ち、留めていない部分を内側に折り込みます。このとき、下の方へ行くほど折り込む部分を増やし、写真右上のような台形にします。

  • 14

    筒状の下部分の折り込んだところをホチキスで留めます。できるだけ外側に留めます。

  • 15

    ⑭を筒状の片側に寄せてタック部分をホチキスで内側から留めます。写真右が留めたところです。ホチキスで留めた部分を広げてもよいでしょう。の場合は2ヵ所をホチキスで留めます。

  • 16

    ⑮で留めたホチキス部分が下になるように、花束を上から差し入れます。花束の上部2cmほどが出るようにします。

  • 17

    花束の位置が決まったら、結束部分をぎゅっと両手で絞ります。

  • 18

    左手で花束を握りながら、右手で割り箸を花束の隙間から差し入れクレープ紙をふっくらとなるように押していきます。シワなども割り箸を使って伸ばします。

  • 19

    結束部分に輪ゴムを三重にかけクレープ紙を固定します。セロハンテープで固定しても構いません。

  • 20

    正方形にカットした英字新聞を広げ、角の部分に花束の頭を合わせて置きます。

  • 21

    ⑳の角の対角部分を花束の前に折り上げ、右手で右側の角も花束に折り返します。

  • 22

    左側の角も花束をかぶせ、英字新聞の高さが揃うように整えます。

  • 23

    英字新聞の上から結束部分を両手で絞ります。

  • 24

    絞ったところに輪ゴムを二、三重にかけます。

  • 25

    ㉔の輪ゴムを隠すようにフリルリボンを巻きつけ、リボンが重なる部分をホチキスで留めて完成です。リボンが長い場合は余分をカットします。

  • 26

    花束の作り方テクニック』(編集: フローリスト編集部)では、ラワーデザインの上達に重要な技術のひとつ、花束の作り方をご紹介しています>>https://www.seibundo-shinkosha.net/book/flower/20021/

  • すてき 0
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

おすすめレシピ