psycha 植物生活編集部 18ヶ月前

つくってみませんか?しあわせの花冠 [01]

最近では、ウェディングアイテムとしても人気のある花冠。そんな花冠の美しい作例とつくり方を、センス抜群の花屋さんに教えてもらいました薄いピンクから濃いピンクまで、 ピンク&ピンクの愛らしいグラデーションの花冠。 ガーリーな雰囲気でふんわりと柔らかな花びらの質感、 透け感が魅力的な花冠が出来上がりました。

必要な材料

  • ラクスパー 適量
  • ヤグルマギク 適量
  • ナズナ 適量
  • バラ(エクレール、ほか1種) 適量
  • ヒヤシンス 適量
  • #26・28ワイヤー 適量
  • フローラルテープ 適量

作業工程

  • 1

    あらかじめ、全ての花にワイヤリング、保水、テーピングをしてパーツを作ります。#26ワイヤー(ブラウン)2本をねじっていき、1本にします。 それを1組作り、2組をねじってつなげていきます。

  • 2

    片側の先端に小さな輪を作ります。 花冠を着ける人の頭のサイズに合わせて 余分なワイヤーを切りとります。 頭のサイズ+5㎝ほどが長さの目安です。

  • 3

    土台の輪の根元に1つ目の花を置きます。 土台と花のパーツのワイヤーを一緒に フローラルテープで2~3周巻いて固定します。 テープはあらかじめ30㎝位で切り離しておくと 作業がスムーズです。

  • 4

    2つ目の花を③よりも少し下の位置に置いて、同じ様に巻きます。 このときに土台を少しずつ丸く曲げながら花を付けましょう。この作業をしないままにすると最後に花冠を丸い形にしたときに花と花の間に隙間ができてしまうので忘れずに!

  • 5

    ③④の手法でどんどん花を加えていきます。 花の向きが同じ方向にならないよう、前の花に対して交互に向くように付けるとボリュームが出てきます。 同じ種類の花を隣に置かないようにするとバランスの良い仕上がりに。

  • 6

    ナズナなどの長さのあるものは、動き入れながら立体感を出しましょう。 切り分けたナズナの先端以外のパーツは内側や下に入れてグリーンの色みとして使います。 ラクスパーの蕾もグリーンのパーツにしましょう。

  • 7

    土台の端を5㎝ほどを残したところまで花を巻き付けたら飾り付けは終わりに。 土台の余った部分を最初に作った輪に通します。

  • 8

    輪に通した土台のワイヤーを折り返し、しっかりと固定をしたら完成です!

  • すてき 2
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

おすすめレシピ