psycha 植物生活編集部 2021/02/27

花束のラッピング|ラッピングペーパーで作るリボン(和テイストリボンン)

花束のラッピングではリボンを変えるだけで雰囲気が変わります。ラッピングペーパーを使ったオリジナルリボンの作り方を2つ紹介します。どちらもワイヤーを使って留めるリボンなので、花束だけでなくギフトボックスやバスケットの持ち手に使うなど使い方も広がります。 今回は、リバーシブルのラッピングペーパーをジャバラ折りにして作る和風リボン。幅広のオーガンジーリボンが華やかさを添えます。クレープ紙のようなやや厚めの紙の方が美しく仕上がります。

必要な材料

  • クレープ紙 18cm×76cm
  • オーガンジーリボン  56cm
  • #26ワイヤー  2本

作業工程

  • 1

    必要な材料を準備します。

  • 2

    表にしたい面を下にし、紙を横長に置きます。左から5cm程度ジャバラ折りをします。ジャバラりは折り始めと折り終わりを、いずれも同じ面で終わるように折ると、仕上がりが立体的できれいです。

  • 3

    ②で折った部分をワイヤーで留めます。

  • 4

    ワイヤーで留めた下部分の紙を手で広げます。

  • 5

    ④を中央でわずかに重なるように上下を軽く折ります。

  • 6

    ⑤の部分を手に持ち、ワイヤーで留めた部分にくるりと巻きます。

  • 7

    巻いた部分よりわずかに下の部分をぎゅっと絞ります。

  • 8

    紙の右端を手で引き、写真のように紙を軽く重ね細くします。

  • 9

    ⑥で巻いた部分に⑦の中へ入れます。

  • 10

    紙を優しく引き、写真のように中央に紙の輪を作ります。

  • 11

    足の部分を手で写真のように軽く広げます。

  • 12

    ジャバラ折りを留めたワイヤーの足を1本、紙の輪の中に入れワイヤーを上に引き上げます。

  • 13

    ⑫のワイヤーを後ろ側へ引き、中央の輪の裏側の絞った部分をもう1本のワイヤーの足とともにねじり留めます。

  • 14

    中央の輪にホチキスを差し入れ、輪と垂れている部分を留めます。

  • 15

    輪の中にリボンを通します。

  • 16

    リボンで輪を作り、リボンの後ろ側をひねり、指で押さえます。

  • 17

    輪の中にワイヤーを通します。

  • 18

    ⑯の指で押さえているリボンをねじり留め、余分なワイヤーをカットします。

  • 19

    垂れている部分を折りあとをうまく生かしながら、手で好みの形に広げます。

  • 20

    ジャバラ折りしたところは立体的になるように整えます。

  • 21

    リボンはバランスを見ながら、端を斜めにカットして整えます。

  • 22

    『花束の作り方テクニック』(編集: フローリスト編集部)では、ラワーデザインの上達に重要な技術のひとつ、花束の作り方をご紹介しています>>https://www.seibundo-shinkosha.net/book/flower/20021/

  • すてき 0
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

おすすめレシピ