psycha 植物生活編集部 2017/09/28

花のある空間にも役立つ!プチプライスDIYで焼き網をリメイク!

焼き網をシャビーに仕上げ、香りのよいポプリで吊るすフレグランスに。 網の隙間から中のポプリが見えるので、色の異なるポプリを季節ごとに入れ替える楽しみ方もできます。ポプリの香りが弱くなったら、新しいポプリに入れ替えるか、市販のルームフレグランスやオイルをかけると長く香りが続きます。教えてくれた人:foglia フォーリア

必要な材料

  • 焼き網[14.5cm×16.5cm×取っ手の長さ11.5cm]  1個
  • ポプリ 適量
  • クッキングシート[縦17cm×横25cm] 1枚
  • 鍵のチャーム 1個
  • ロウ紐(ベージュ)[8cm] 1個
  • タグ(木) 1個
  • 革紐(ベージュ)[40cm] 1個
  • アクリル絵の具(白・黒・茶) 適量
  • ワイヤー 適量

作業工程

  • 1

    アクリル絵の具(白)を塗料用トレーに出し、水でぬらして軽く絞った筆にとって背面の壁にふれる部分以外を塗ります。

  • 2

    乾いたらアクリル絵の具(黒)と(茶)を混ぜて焦げ茶を作ります。スポンジにごく少量をとり、網にたたきながら全体にラフに塗ります。

  • 3

    クッキングシートを網の内側に合わせてハサミでカットし、四隅の角を丸く切り落として焼き網の中に敷きます。

  • 4

    クッキングシートの上にポプリを敷き詰めます。

  • 5

    ワイヤーを閉じて、持ち手の部分を革紐で結びます。

  • 6

    鍵のチャームとタグにロウ紐を通して取り付けます。焼き網の左上に結びつけたら完成です。

  • 2
  • クリップ
  • 埋め込み

この記事をシェアするには埋め込みコードをコピーしてSNSやブログに貼り付けてください。

おすすめレシピ